MS50周年記念特設サイト - MSクイズ 2020年2月

MSクイズ 2020年2月号の答え

正解です!

ノーベル賞を受賞した科学者のうち、質量分析関連の研究に該当しない方をお選びください。

解説:

正解は「C、 Akira Yoshino」です。Akira Yoshino(吉野彰)は「リチウムイオン電池の開発」で2019年にノーベル化学賞を受賞しました。ちなみに島津製作所はリチウムイオン電池の評価装置の開発にも取り組んでいます。
リチウムイオン電池の評価装置の詳細はこちら 

ほかの5名はすべて質量分析計の発展に貢献された科学者です。

Francis William Aston:イギリスの化学者・物理学者であるFrancis William Astonは「非放射性元素における同位体の発見と質量分析器の開発」で1922年にノーベル化学賞を受賞しました。

Hans Georg Dehmelt & Wolfgang Paul:お二人は「イオントラップ法の開発」で1989年にノーベル物理学賞を受賞しました。

John Bennet Fenn:アメリカの分析化学者のJohn Bennet Fenn は2002年に「生体高分子の質量分析法のための穏和な脱離イオン化法の開発(ESI)」によりノーベル化学賞を受賞しました。

Koichi Tanaka:島津製作所の田中耕一は2002年に「生体高分子の質量分析法のための穏和な脱離イオン化法の開発(MALDI)」でノーベル化学賞に受賞しました。
田中耕一のノーベル受賞関連情報はこちら 

Top of This Page