におい分析:サンプリング選択のポイント

においの成分の種類は、それぞれの成分の揮発性によってトップノート、ミドルノート、ベースノートの3つに分類されます。GCMSのにおい分析に用いる捕集法には、ヘッドスペース法やSPME法など様々な方法がありますが、それぞれの方法によって捕集する成分との特性が異なります。

今回はにおい分析の主要な前処理の原理や特徴をそれぞれ説明するWebinarをご紹介いたします。

 

アンケート回答後、Webinarの講演資料PDFをダウンロードいただけます。

講演資料PDFダウンロード 

 
 

におい分析はサンプリングが鍵!~概論編~

GCMSを用いたにおい分析におけるサンプリング法には様々な方法があります。この回では、サンプリング手法の紹介とその特徴の概要をご紹介します。

 

におい分析はサンプリングが鍵!~ヘッドスペース編~

GCMSを用いたにおい分析におけるサンプリング法には様々な方法があります。この回では、サンプリング手法の紹介とその特徴の概要をご紹介します。

 

におい分析はサンプリングが鍵!~SPME編~

におい分析のサンプリング手法のひとつである固相マイクロ抽出(SPME)法と、効率性を高めたSPME Arrow法の原理およびSPMEのファイバー選択など使用時のポイントについてご紹介します。

 

におい分析はサンプリングが鍵!~MMSE編~

におい分析のサンプリング手法のひとつであるMMSE法の原理とコンディショニングなど使用時のポイントについてご紹介します。

 

におい分析はサンプリングが鍵!~AOC-6000Plus編~

におい分析の各サンプリング手法を選択するポイントと、複数の前処理機能を1台で自動化可能な多機能オートサンプラAOC-6000 plusについてご紹介します。

 

お問い合わせはこちら 

 
Top of This Page

お問い合わせ