[Vol1:正極] 化学結合状態の分析事例

Xspeciaによる化合物中の遷移元素の化学状態分析

Xspeciaによる化合物中の遷移元素の化学状態分析

Xspeciaは、試料中のMn、Co、Niから発生する蛍光X線を高いエネルギー分解能で検出できる装置です。ここでは、形式価数の異なるMn、Co、Niの各化合物を測定し、それぞれの化学状態の違いを十分な精度で評価できた例を示します。

銅電極上に存在するリチウム塩の分布、偏析および化学状態の分析

銅電極上に存在するリチウム塩の分布、偏析および化学状態の分析

次世代の二次電池として、充電可能なリチウム金属電池の実用化が期待されています。電極表面の異なる化学環境における表層部のリチウムの分布を分析した例を紹介します。リチウムの2次元方向および深さ方向の分布を調べるために、X線光電子イメージングおよびアルゴンクラスターイオンによるデプスプロファイリング測定を行いました。

お問い合わせはこちら 

 

関連アプリケーション

 

リチウムイオン二次電池・全固体電池の材料や製品評価に要求される課題、対応するソリューションをまとめたカタログです。
正極・負極、セパレータ、電解液、セル・モジュール、全固体電池と項目を分け、それぞれに関連するアプリケーションを掲載しています。

 
 

自動車バーチャル展示会

Top of This Page

お問い合わせ