セルロースナノファイバーを測って知ろう!

Webinar動画

 紫外可視分光光度計でCNFの水分散性を評価する

CNFは主に透明度の高い孤立分散型と白濁したネットワーク型の2種類に大別されます。これらの可視光の透過度を比較し、透明性、分散性についてUVで評価しました。CNFの分散性が透明度に影響していることがわかります。

走査型プローブ顕微鏡でセルロースナノファイバーの繊経・繊維長を解析する

繊維長・繊維径と物性が関係することが知られているCNFの開発・製造における繊維形状評価の必要性が高まっています。しかし、安定した評価では繊維の形状観察と繊維長・繊維径の計測を数千本単位で行うことが求められており、評価効率の向上が課題となっています。ここでは走査型プローブ顕微鏡(SPM)を用いた観察を自動化するとともに、繊維長・繊維径の測長に粒子解析ソフトを応用し、解析した事例を紹介します。

フーリエ変換赤外分光光度計でCNFの修飾官能基を評価する

孤立分散型CNFとネットワーク型CNFを比較し、修飾官能基の違いをFTIRで評価しました。ここでは透過法ではなく、ATR法を用いています。ATR法を用いることでより簡便に評価が行えます。

熱重量変化を活用したCNFの耐熱性評価

CNFは優れた特長を持っておりますが、実用上の課題として耐熱性が挙げられます。この評価に熱重量測定による分解温度や分解挙動の解析が有効です。TG-DTAを用いたCNFの耐熱性評価について試料の調整からセルの選択も含めて解説します。

高速液体クロマトグラフでセルロースナノファイバーの構成糖比率を測定する

高速液体クロマトグラフ(還元糖分析システム)によるセルロースナノファイバーの構成糖分析について実験のノウハウやコツを含めて解説します。

関連アプリケーション情報

関連ページ情報

Top of This Page