DSC-60A

自動示差走査熱量計

コンパクトなオートサンプラを内蔵

動示差走査熱量計 DSC-60A

"快適さ"を追求した新しい形のオートDSCです。複雑な操作と設定が必要であったオートサンプラを,手軽に測定していただけるよう本体に内蔵しました。

特長

 

  • 24個の試料を載せることができ,夜間や休日の連続自動運転が可能です。オプションの試料トレイを追加すれば,最大48個の試料が設定可能です。
  • テンプレート方式で自動測定・解析・プリントアウト(ファイル保存)の設定も簡単に行えます。
  • 緊急試料も簡単に割り込めます。
  • 自動解析結果の確認,修正もすぐに行なうことができます。
  • 充実したセーフティ機能で,無人運転時にも充分な安全対策を装備。
  • 1台のTA-60WSインターフェースに最大4台のDSC-60Aを接続できます。

 

仕様

項 目 仕 様
温度範囲 液化窒素無供給時 室温~600℃
液化窒素供給時 -140~600℃
熱流量検出範囲 ±40mW
外形寸法 約W320×D500×H290mm
重 量 約24kg

Top of This Page