MSイメージングWebinar DAY1|エキスパートが魅せるMSイメージングの世界

  • Webinar
MSイメージングWebinar

MSイメージングは、分子の分布を高解像度の画像で見ることができる技術で、生命科学の分野で様々な応用が期待されています。本Webinarでは、最新の研究事例として、神経・筋疾患治療への可能性を探る動物モデルの全身解析や酵素組織化学法についてMSイメージングを活用した例について紹介します。また、多彩な機能を持つMSイメージングデータ解析ソフトウェアIMAGEREVEAL MSをご紹介します。MSイメージングの魅力と将来性を感じていただけることを期待しています。

本Webinarはこんな方におすすめです

  • これからMSイメージングをはじめたい方
  • MSイメージングの最先端の活用例を知りたい方
  • MSイメージングのデータ解析にお困りの方

 

◆開催日時 2024年7月17日(水) 14:00~15:30
◆定員 500名(先着順にて受付)
◆形式 Zoom(無料)
◆Webinarご参加までの流れ

詳細はこちらをご参照ください

*本WebinarはZoomを使って配信予定です。事前にZoomアプリケーションのインストールが求められます。
PCからであれば、Zoomをインストールせず、ウェブブラウザから参加することも可能です。
詳細はこちらをご参照ください。

◆お申し込み

Webinarのお申込みはこちら

※申込期限:2024年7月16日 17:00 まで
※競合・同業者様のご参加はご遠慮いただいております。

プログラム

時間 内容
14:00 - 14:35

MSイメージング技術の進歩がもたらす神経・筋疾患治療への可能性

近年、遺伝性筋疾患に合併する心筋症や、心筋症の背景に実は存在していた遺伝性筋疾患に注目が集まる中、わたしたちは動物モデルの骨格筋・心筋を含む全身のMSイメージングを多階層で解析することに成功しました。本講演では、その結果から見えてきた新たな神経・筋疾患理解の枠組みの仮説を立て、診断・治療への提言を行いたいと思います。

講演者:同志社大学 生命医科学部 神経生理研究室(医生命機能研究) 池川 雅哉 先生

14:35 - 15:10

新たな酵素組織化学法 -MSイメージングにより酵素の働きを可視化する

一般にタンパク質の存在は免疫染色で可視化されますが、機能があるかどうかは不明です。一方、酵素組織化学法はタンパク質の機能を可視化できる手法です。本講演では、MSイメージング(MSI)を用いた新たな酵素組織化学法を紹介します。組織表面を酵素反応場と考え、酵素反応で生成した代謝物をMSIで可視化することにより様々な酵素反応を未染色で可視化できると期待されます。

講演者:大阪大学 大学院工学研究科 生物工学専攻 新間 秀一 先生

15:10 - 15:30

多彩な機能を持つMSイメージングデータ解析ソフトウェアIMAGEREVEAL MSのご紹介

島津製作所が提供するMSイメージングデータ解析ソフトウェアIMAGEREVEAL MSは、画像解析、統計解析、演算処理など豊富な機能を持ち、一見難しく思える解析も直感的な操作で簡単に行えるように研究者をサポートします。

講演者:弊社技術者

※内容やスケジュールなどは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

本Webinarに関するお問い合わせ

株式会社島津製作所 セミナー事務局
an_seminar@group.shimadzu.co.jp