X線検査装置(透視)

プロダクトラインナップ

マイクロフォーカスX線検査装置 Xslicer SMX-1010/1020

Xslicer SMX-1010/1020は,90kVマイクロフォーカスX線発生装置と高解像度フラットパネル検出器を搭載した縦照射型X線装置です。従来機(SMX-1000 Plus)から大幅に画質を向上し,操作性をさらに進化させました。操作性の向上とともにステージ移動速度,検出器取り込み速度も向上させ検査にかかる時間を大幅に短縮し,検査作業の効率化を実現しています。また,CTユニット(オプション)も操作フローを簡略化し操作性が向上しました。
SMX-6010 Top

マイクロフォーカスX線検査装置 Xslicer SMX-6010

Xslicer SMX-6010は自社製マイクロフォーカスX線発生装置と300万画素のフラットパネル検出器を搭載した縦照射型X線検査装置です。高精細かつ広ダイナミックレンジ画像で,微細な内部構造や欠陥を観察できます。また,透視/CTをスムーズに切り替えワーク形状に合わせた多様な観察が可能です。小型化が進む電子部品から高密度,多層化の進む実装基板まで様々なワークの検査をサポートします。

マイクロフォーカスX線透視装置 SMX-1000 Plus/SMX-1000L Plus

SMX-1000 Plus/SMX-1000L Plusは,業界のベンチマークとなった従来機(SMX-1000/SMX-1000L)をさらに洗練したX線透視装置です。従来機で好評いただいた操作性をさらに向上させ,シンプルで見やすい画面になりました。透視画像や外観画像は大きく表示することで,一段と視認性を高めています。

オプションソフトウェア

X線従量課金サービス

NDI-X線従量課金サービス(SMX-1010/1020用)

ご使用になったX線照射時間に応じて料金をお支払いただくサービスです。
「使った分だけ」お支払いいただき,装置導入時の「初期費用をよリお安く」,お客様の装置状態を見守る「安全安心」,X線発生装置の故障時に「追加料金なし」で対応するサービスです。

BGAボイド率/面積比率 X線自動計測システム(SMX-1000 Plus 用)

X線による実装基板検査の中で必須となっているBGAのボイド率やレギュレータICなどのはんだの面積比率(ヌレ性)を自動で計測し,あらかじめ設定した一定の判定基準で自動判定をすることが可能になります。

リチウムイオン電池X線自動計測システム(SMX-1000 Plus 用)

高い信頼性が求められるリチウムイオン電池の製造過程において,高価で大型のインライン専用装置を導入することなくリチウムイオン電池の電極の巻きずれ等を自動で計測し,あらかじめ設定した一定の判定基準で自動判定をすることが可能になります。

Top of This Page

お問い合わせ