SialoCapper-ID Kit 仕様

仕様

内容物
Reagent A(1ボトル)、B(10本)、C(1ボトル)
処理可能サンプル数 10実験分
固相反応の場合:1実験あたり最大10サンプル、最大100サンプルの処理が可能
液相反応の場合:1実験あたり最大50サンプル、最大500サンプルの処理が可能
対象サンプル 遊離されたN-結合型糖鎖(ラベル化糖鎖を含む)
推奨保管温度
2~8 ℃
 

固定反応には、別途、糖鎖精製ビーズが必要です。(推奨:住友ベークライト社製 BlotGlyco 品番 10回分 BS-45414、50回分 BS-45415、100回分 BS-45407)

液相反応には、別途、HILICモードの糖鎖精製チップや固相抽出カラムが必要です。

Top of This Page