SialoCapper-ID Kit 特長

簡単にシアル酸結合異性体を解析

SialoCapper-ID Kitでシアリル糖鎖を処理することで、シアル酸の結合様式がMS1測定のみから決定できます。
糖鎖標品のLC/(MS)分析結果とのマッチングや煩雑なMSn分析が不要となり、
確実な測定データを得ながら、実験の省力化を実現します。

シアリル糖鎖の感度向上

SialoCapper-ID Kitを用いることで、シアル酸を保護安定化し、分解を抑制しながら感度も向上します。
生体試料などの微量サンプルも測定しやすくなります。
マススペクトルがよりシンプルになり、糖鎖解析が簡単に行えます。

 

高い汎用性と拡張性

α2,3-/α2,6-のシアル酸両方を安定化するため、他の酵素反応や化学反応との組み合わせが可能です。
ラベル化した糖鎖サンプルのシアル酸修飾や、BlotGlyco®(住友ベークライト社製)のような糖鎖結合ビーズと併用し、
糖鎖精製とシアル酸修飾を同時に行うことができます。 

 BlotGlycoは、住友ベークライト株式会社の登録商標です。

Top of This Page