MALDI-TOF-MS用マトリックス「ATHAP」

MALDI-TOF-MS用マトリックス「ATHAP(エイティエイチエイピィ)」

日本学術振興会 最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム) 成果物

ATHAP

1-(2,4,6-Trihydroxyphenyl) octan-1-one (alkylatedtrihydroxyacetohenone, ATHAP)

疎水性ペプチドの検出に適した
マトリックスあります!

特長

・膜タンパク質のシグナルペプチド解析に適したマトリックス
・従来のマトリックスでは検出が難しかった疎水性ペプチドをMALDI-TOF-MSで測定できます。
・ATHAPに加え、CHCAも併せて使うことで、膜タンパク質の疎水性・親水性ペプチドを網羅的に検出できます。

シナピン酸(SA)では全く検出できなかった
Bactriorhodopsin(1pmol)が検出できます
Bactriorhodopsin(100 fmol)のTrypsin消化物の検出

出典:Alkylated trihydroxyacetophenone as a MALDI matrix for hydrophobic peptides.
Anal Chem. 2013 Oct 15;85(20):9444-8 Fukuyama Y, Nakajima C, Furuichi K, Taniguchi K, Kawabata S, Izumi S, Tanaka K.


Bactriorhodopsin(100fmol)のTrypsin消化物の検出

試供品を提供いたします

  • 疎水性ペプチドの検出に適したマトリックス「ATHAP」を試してみたいお客様は、お気軽にご相談ください。
    MTAを締結後、試薬を送付させていただきます。
  • 測定については、お客様の装置を使用してください。
  • 装置の購入も合わせてご検討される方は、弊社にて分析を承ります。

Top of This Page