移動相の脱気

目次へ 戻る 次へ
LCtalk特集号「移動相の脱気」

6.分析条件別対処法

前項では移動層の脱気方法別に特徴や用途を紹介しましたが,次は分析条件別に考えてみましょう。 一般的に,通常感度の分析に対しては,5-1)加温かくはん(1)と5-6移動相上置きで充分である場合が多いのですが,検出条件が異なったり高感度ベースラインの安定性が要求されると,オンライン脱気が必要であったり,脱気以外に留意すべきことも多くなります。

6-1)逆相カラム-UV短波長高感度ベースラインを得るために

ODSなど逆相カラムとUV検出器の組み合わせは,HPLC分析の中で最もポピュラーなものですが,短波長で高感度検出を行うとなると,次の点に留意しなければなりません。

(1)HPLC流路・カラムの充分な洗浄を行う
移動相で一日洗浄している,というのは時間の無駄です。 有効な洗浄法は,洗浄したい成分に対して移動相よりも溶出力が強い洗浄液を流すことです。 例えば,油汚れや疎水性の高い中性成分に対してはテトラヒドロフランなどを流す,シリカゲル表面への吸着成分に対してはメタノール/0.5M過塩素酸ナトリウムを含む0.01%りん酸水1/4を流す,金属イオンに対しては0.1%EDTA・2Na水を流す(カラムを除く),などです。 (LCtalk特集号IV P17参考) インジェクタを含めた流路切替えバルブ類は,数回別のポジションに切り替えながら洗浄します。 サクションフィルタも本誌P9を参考にして洗浄して下さい。 
なお,流路・カラムの洗浄は,他の高感度分析に置いても同様に留意すべきことです。 
(2)移動相のバックグランドが低い試薬を用いる
図41~43に,逆相カラムの移動相としてよく使われるアセトニトリル,メタノール,THF試薬の吸収スペクトルを示します。 LC用のアセトニトリルが短波長でのバックグランドが最も低いことが分かります。 一方メタノールやTHF試薬は,バックグランドが高いのでノイズが大きくなる上,溶解している酸素量の変動によりバックグランドが変化するため,高感度分析には不適切です。 溶媒の種類によって分離の選択性やピーク形状が変わることがありますが,支障が少なければ,LC用アセトニトリルを利用すべきです。 
また,緩衝液に酢酸などの有機酸系を用いたり,吸着抑制剤としてトリエチルアミンなどのアミン系を用いると短波長でのバックグランドが高くなります。 りん酸ナトリウム系(吸着抑制剤は過塩素酸ナトリウムなど)を用いて,できるだけリフレッシュに調製しましょう。 もちろん水は,LC用蒸留水を利用しましょう。 
(3)高感度検出器を用いる
当然のことですが,市販のLC用検出器の中でできるだけノイズレベルの低いものを用います。 
(4)オンライン脱気を行う
LC用アセトニトリルを用いても,密閉加圧型のHeパージなどオンライン脱気を行うことによるバックグランド低下がわずかに認められます。 
以上,重要度の順に,4点のみ取り上げてみました。 実際は多くの場合,(1)と(2)が適切な条件を満たしていないのではと思われます。 分析条件も,洗い直してみて下さい。 
(それぞれ空気飽和・リファレンスはLC用蒸留水)
アセトニトリル試薬の吸収スペクトル
図41 アセトニトリル試薬の吸収スペクトル
メタノール試薬の吸収スペクトル
図42 メタノール試薬の吸収スペクトル
図43 テトラヒドロフランの(THF)試薬の吸収スペクトル
Top of This Page