ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)

製品情報

 

サポート情報

ソフトウェアダウンロード

プロダクトラインナップ

GCMS-TQ8050

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-TQ8050 NX

GCMS-TQ8050 NX には,新たな高効率検出器と3つのノイズ低減技術が採用されており,フェムトグラムオーダーでの定量分析が可能となりました。また,堅牢性と安定性を高め...

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-TQ8040 NX

優れた生産性を実現する「Smart Productivity」,メソッド作成をサポートする「Smart Operation」,高感度・高速分析を可能にする「Smart Performance」。3つの...

ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-QP2020 NX

極微量化合物のモニタリング,高機能素材や化成品の開発評価を行うための高性能な機能を備えた装置です。解析ソフトウェア,データベースや試料導入装置も充実しており,ラボの能力を最大限に引き出します。

GCMS-QP2010 SE エントリーモデル

GCMS-QP2010 SEは,GCMS-QP2010シリーズの使い易さをそのままに,多彩な機能を搭載しました。更なる進化をとげたコストパフォーマンスモデルです。

GCMSsolution ワークステーション

島津ガスクロマトグラフ質量分析計用ワークステーションソフトウェアです。初心者にも確実な操作をナビゲートします。

LabSolutions Insight

多検体のデータ解析を,より簡便に,さらに効率的に行っていただくためのGC/MS,LC/MS/MS用定量支援ソフトウェア LabSolutions Insight

プロファイリング解析用ソフトウェア Profiling Solution

プロファイリング手法は多くの検体と化合物に由来する大量のデータファイルを迅速に処理することが可能な手法であり,代謝経路や代謝調整機構の解明といった学術研究用途だけではなく,医薬,食品,環境,品質管理な

包括的クロマトグラフィ解析用ソフトウェア ChromSquare

ChromSquareは,包括的ガスクロマトグラフィ(GCxGC)のデータを解析するためのソフトウェアです。定性から定量までを1つのウィンドウで行うことができるほか,MSスペクトルの情報を生かし,解析...

各種ライブラリ・データベース

GC-MS(/MS)分析のスタートをスムーズにする,必要な情報をあらかじめ設定した各種データベースを取り揃えております。

LabTotal Vial

高品質シリコンポリマーとクリーニング技術により、低ブランクレベルを実現。

MSグレードの高品質を保証する品質証明書付き...

応用システム

ヘッドスペース分析システム

ヘッドスペース分析システム

ヘッドスペースを用いて液体や固体中の揮発性成分の分析が行えます。食品中の香気成分,化成品の臭い成分,環境水中の有害揮発成分の定性や定量に用いられます。
パージ・トラップ分析システム

パージ・トラップ分析システム

水中に存在する揮発性有機化合物(VOC)をGC-MSを用いて分析するシステムです。サンプル水を専用の試料管に採り,試料管にパージガスを流すことで試料中の揮発性有機化合物やカビ臭を強制的に追い出します。追い出された成分は吸着剤に一旦保持され,その後加熱脱離させてGC-MSへ導きます。
多機能熱分解システム

多機能熱分解システム

熱分解ガスクロマトグラフィー(Py-GC)は,ポリマー,プラスチック,ゴム,塗料,染料,樹脂,コーティング,セルロース,木材,繊維などあらゆる形態の不溶性材料や複合材料の微量な試料を通常の前処理を行うことなく分析することが可能です。試料を直接導入,クロマト分離させるので,微量の試料で,他の手法では得難い特色のある詳細な情報を得ることができます。

加熱脱離GCMSシステム

加熱脱離GCMSシステム

捕集管捕集法でサンプリングされた試料(固体吸着)を,加熱脱離-GCMS分析(サーマルディソープションオートサンプラ+ガスクロマトグラフ質量分析)を行うものです。室内空気汚染物質測定(シックハウス症候群対象化学物質),アウトガス分析,クリーンルームエア分析,香気成分分析,環境分析システム,など微量揮発性成分の測定に適したシステムです。
多機能オートサンプラ AOC-6000

多機能オートサンプラ AOC-6000

液体試料注入法,ヘッドスペース(HS)注入法と固相マイクロ抽出(SPME)注入法の3種類の試料導入法に対応しており,様々な形状の試料を分析できます。また,試料導入法の自動切換ができ,異なる試料導入法を組み合わせた連続運転も可能です。最新の濃縮テクノロジーを用いた試料導入法のSPME ArrowとITEX DHSにも対応しており,高感度に分析できます。

OPTIC-4 多機能注入口

幅広いサンプルの形態に対応できる注入モードを備えているOPTIC-4は,GC-MSの試料導入システムにおける究極の注入口です。多機能オートサンプラ AOC-6000 に取り付けることにより,その性能を最大に引き出すことができます。
GC×GCシステム

GC×GCシステム

包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC)のデータ採取を可能にします。複雑なマトリックスから目的物質の分離,2次元クロマトグラムのパターンからのタイプ別分析なども行えます。
5D Ultra-e (LC-GC×GC-MS/MS)

5D Ultra-e (LC-GC×GC-MS/MS)

5D Ultra-eは,包括的2次元ガスクロマトグラフ-トリプル四重極型質量分析計とHPLCをオンラインで接続した世界でひとつだけの“ONLY-ONEシステム”です。 オンラインHPLCにより,GCxGCの網羅的分析はさらに強化され,同時に自動化による生産性向上をもたらします。 また,GCxGC-MS/MSシステムは,ノンターゲット分析のみならず複雑な試料中のターゲット分析をも可能にします。LC+GCxGC+MS/MSの5つの次元が,さらなる高分離分析・高選択分析への道を拓きます。
尿中覚せい剤分析システム

尿中覚せい剤分析システム

アミン系覚醒剤の確認を尿試料を用いて行う場合,通常は無水トリフルオロアセチルによる誘導体化後,GCMSで分析されますが,手間と時間がかかり作業効率がよくありませんでした。オンカラム誘導体化 2-Step AOCによるオンカラム誘導体化により,アミン系覚醒剤の誘導体化を自動化し,多数の試料検体を非常に短時間に測定することが可能となりました。
GC/MS異臭分析システム

GC/MS異臭分析システム

主要な異臭原因物質と官能情報(においの質や臭気閾値)をデータベース化し,GC-MSと組み合わせたシステムです。異臭分析に必要なトータルソリューションをご提供します。
フタル酸エステル スクリーニングシステム Py-Screener

フタル酸エステル スクリーニングシステム Py-Screener

樹脂中のフタル酸エステルをスクリーニングするためのシステムです。試料調製から分析・データ解析,メンテナンスといった一連の作業をサポートする専用ソフトウェア,専用標準試料やサンプリングツールキットなどで構成され,初めての方でも簡単に操作できる環境を提供します。
Twin Line MSシステム

Twin Line MSシステム(オプション)

2本の異なるカラムの出口側をMSに同時に取り付けることで,MSの真空を停止することなくスムーズに異なるカラムでのアプリケーションデータが採取可能となります。
残留農薬分析システム

残留農薬分析システム

残留農薬分析において高い評価を得ている(株)アイスティサイエンスの前処理技術とGC大量注入口装置,島津製作所の高性能GC/MSと残留農薬分析用データベースの組み合わせにより,残留農薬分析の効率の向上,時間の短縮,精度の向上を実現します。

各種ライブラリ・データベース

Smart Pesticides Database

Smart Pesticides Database Ver.2 GC/MS残留農薬分析用 データベース(定量用)

食品中残留農薬分析用のMRM,SIMモードのメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。MRM分析にはトランジションの設定が必要ですが,Smart Pesticides Databaseには約530成分のトランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
Quick-DB GC/MS残留農薬分析用データベース

Quick-DB GC/MS残留農薬分析用データベース(スクリーニング用)

ポジティブリスト制度の導入による対象農薬の増加に伴い,分析に必要な農薬標準試料が増加しており,標準試料の管理業務や購入コストの増加が課題になっています。本製品は,農薬サロゲートを内部標準物質に使用した検量線が登録されたGC-MS(/MS)用データベースであり,標準試料を使用せずに残留農薬をスクリーニングできます。
Smart Environmental Database

Smart Environmental Database GC/MS環境汚染物質分析用データベース(定量用)

環境汚染物質分析用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。MRM分析にはトランジションの設定が必要ですが,Smart Environmental Databaseには500以上の環境汚染物質の最適なトランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
Smart Forensic Database

Smart Forensic Database 法薬毒物分析用 データベース(定量用)

法薬毒物用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。MRM分析にはトランジションの設定が必要ですが,Smart Forensic Databaseには中毒事例の多い法薬毒物486成分の最適トランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
GC/MS/MS薬毒物データベース

GC/MS/MS薬毒物データベース

中毒事例の多い薬毒物68成分について前処理,分析,データ解析の情報が登録されており,GCMS-TQシリーズと組み合わせることによりトータルソリューションを提供します。前処理には,QuEChERS簡易前処理法を採用しており,初めての方でも簡単に前処理を行うことができます。
GC/MS法薬毒物データベース

GC/MS法薬毒物データベース

乱用薬物,危険ドラッグ,精神神経病用薬,その他医薬品,農薬など,法薬毒物分析で必要となる化合物のマススペクトルを登録しています。これらの情報は,分析に利用するためのメソッドファイル,シミラリティー検索に利用するためのマススペクトルライブラリに登録されており,保持時間やマススペクトルによる化合物同定にご利用いただけます。

Smart Metabolites Database GC/MS代謝物分析用データベース(定量用)

血液,尿,細胞等のバイオロジカルサンプルに含まれる代謝物を中心に登録したGC-MS,GC-MS/MS分析用データベースであり,GC-MS/MSに対応した世界最大の代謝物データベースです。

環境分析向け一斉分析用データベースソフトウェア

環境分析向け一斉分析用データベースソフトウェア

GCMS-QP2020/QP2010シリーズ 用ワークステーション GCMSsolutionのオプションソフトウェアです。有害化学物質の保持時間,マススペクトル,検量線情報を登録しており,n-アルカンによる保持時間の予測と組み合わせて,信頼性の高い成分同定を支援します。
農薬ライブラリ

農薬ライブラリ

GCMSsolution/CLASS-5000向けの農薬ライブラリです。一般的に利用されているEI法のマススペクトルに加え,ピレスロイド系などの電子親和性の高い農薬に対して高感度なNCI法のマススペクトルも登録されています。保持指標や構造式とマススペクトルハンドブックにより,効率よくマススペクトルの確認作業ができます。
FFNSC3香料ライブラリ

FFNSC3香料ライブラリ

食品の香り(フレーバー)や化粧品・洗面用品の香り(フレグランス)に使われる香料は,天然や合成の香気化合物の複雑な混合物です。FFNSC3香料ライブラリは,3,462種の香気化合物について,GCMS分析から得られる「マススペクトル」と,Wax系を含む極性の異なる3種類のカラムの保持指標を登録しており,1種類のカラムでは分離,同定が困難な化合物の同定も行えます。
高分子添加剤ライブラリ

高分子添加剤ライブラリ

高分子材料に用いられる幅広い添加剤の情報を登録したGCMSマススペクトルライブラリです。マススペクトルだけでなく保持指標や添加剤の分類情報も収録しており,添加剤の詳細な解析が可能になります。

キャピラリ分析システム アドバンストフローテクノロジー

アクセサリー / コンポーネント



ガスクロマトグラフ質量分析計とは

ガスクロマトグラフ質量分析計(Gas Chromatograph Mass Spectrometer :GCMS, GC/MS, GC-MS)は,ガスクロマトグラフ(GC)と質量分析計(MS;マス)が一体化した分析装置です。 口語では"ガスマス"と省略されることもあります。 GCとMSの結合は20世紀中頃にHolmesによって初めて試みられました。   GC-MS原理説明:環境試料や食品試料中には多くの有機化合物が混在していますが,この試料をGC部のカラムと呼ばれる細い分離管に通すことで,化合物を分離して複数のピークとして出現させます。 MS部では質量スペクトルを測定することにより,その分離されたピークがどのような化合物であるか(定性)を見極めることができます。 そしてピークの面積を標準物質と比較することにより定量を行うことができます。 また質量(質量電荷比)を選択して検出が行えることから,高感度測定が可能です。  GC-MSはこのような原理上の特長を備えることにより,環境,電子/半導体,化学,医薬,食品,残留農薬,生命科学など,あらゆる分野で微量成分の測定に用いられています。

分野別アプリケーション例

●分野別にアプリケーション例をまとめています。

Top of This Page