GC-2025

省エネ型キャピラリガスクロマトグラフ

GC-2025

 GC-2025は,キャピラリ分析で求められている基本性能を保持しつつ,消費電力,キャリアガスなどのユーティリティ使用量を抑え,環境負荷軽減を目指した新世代のキャピラリガスクロマトグラフです。

 小容量で加熱ロスの少ないカラムオーブン設計に加え,キャリアガス,検出器ガス制御に電子式フローコントローラを採用することで,高い操作性・再現性を維持しながら,消費電力・消費ガスの削減,小型・省スペース化を実現しました。

エコフレンドリー

消費電力を削減

分析1サイクルの消費電力量の比較例

 従来機と比較して電力コストを大幅に削減し,環境負荷の少ないGCを実現しました。
 GCの形状を小型化することにより熱容量を小さくし,カラムオーブン内に高性能断熱材を採用することで,加熱ロスを徹底的になくしました。また,省エネ型ヒータを搭載し,さらに電力消費量を抑えました。

 一般的なGCと比較した場合,昇温分析時の消費電力量を約30%削減しました。(実際に使用された場合には,設置条件・室温等により,消費電力量は異なります。)

電源には標準プラグを採用

電気工事不要

 消費電力の大幅な低減により,標準プラグ(15A)の採用が可能になりました。設置場所のコンセント形状を変えることなく,装置が使用できます。

コンパクト・オールインワン

 分析室ではスペースを有効利用するために,設置面積の少ない機器が望まれます。GC-2025は,通常のキャピラリ分析に必要な機能は全て搭載しつつ,省スペース化を達成しました。

通常分析に必要なユニットをコンパクトに収納

GC-2025は省スペース設計

GC上面のサイズ比較

 スプリット/スプリットレス注入ユニット(SPL),水素炎イオン化検出器(FID),電子式フローコントローラ(AFC/APC)を標準搭載しています。

コンパクトでも市販のキャピラリカラムが装着可能

市販のキャピラリカラムが装着できます

 カラムオーブンは,市販されているキャピラリカラムの形状を考慮して設計しました。小型ながら,市販のキャピラリカラム(カラム厚さ 9cm以内)が装着可能です。

高い基本性能

 GC-2025は,高性能キャピラリガスクロマトグラフ GC-2010 Plus の設計デザインを応用しており,省エネに対応するとともに,キャピラリ分析に要求される高い基本性能も保持しています。高精度な分析結果と生産性向上をお約束します。

高感度な微量成分分析が可能

 FIDの最小検出量は2pgC/sと,高い検出能力を持っており,高感度で微量な成分分析が可能です。

電子式フローコントローラの採用で高い操作性・再現性を実現

 キャリアガス,検出器ガスの制御には,GC-2010 Plusと同じ電子式フローコントローラ(AFC/APC)を採用しました。これにより,精密な流量制御ができ,良好な再現性,再設定性が得られます。

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消費電力 当社従来機種比30%削減
 

Top of This Page