FTIR TALK LETTER vol.1

2003年秋発行

主な内容

  • 「FTIR TALK LETTERの発刊にあたって」
     弊社 技術者 日根 隆
     FTIR は近年急速に発展し各種規格に取り入れられるようになりました。 FTIR の技術情報を本誌によりみなさまにご提供してまいります。
  • FT-IRの過去・現在・未来
     関西学院大学 理工学部 尾崎 幸洋 先生
     FT-IR はコストパフォーマンスの優れた機器である。 FT-IRの4半世紀を振り返るとともに,近未来のFT-IRについて考えた。
  • パワースペクトルの見方(その1)~測定領域について」
     弊社 技術者 太田 宏
     バックグラウンド測定をあらかじめ確認することで,より良好なスペクトルを測定することができます。
  • ATRの注意点(その1)
     弊社 技術者 土渕 毅
     FTIR ATRの注意点として,使用するプリズムの屈折率の違いや試料をプリズムに密着させる際の押し付け強さによるスペクトルの変化について解説しました。
  • 「Q&A」ATRでプリズムと試料の密着部における赤外光の潜り込み深さはどれくらいですか?

 

関連情報

Top of This Page