eTOCシリーズ

純水用オンライン TOC計 TOC-1000e

世界最小・最軽量※1のボディに世界最新※1の技術

世界初※2,水銀フリーのエキシマランプを採用

eTOCはTOC計で初めて,水銀を使用しないエキシマランプを搭載しました。エキシマランプはキセノンガス中で誘電体バリア放電を起こし,波長172 nmのエネルギーの高い光を放射します。
エキシマランプの高エネルギーを確実に試料に伝えるため,独自の新構造「Active-Path」も合わせて採用しました。ランプ内側の試料に効率良く紫外光を照射し,試料中の有機物を確実に酸化します。
測定性能と環境性能を高いレベルで両立する,島津の新しいテクノロジーです。

※1 2020年10月現在 当社調べ(多色表示画面を備えたTOC計として)
※2 2020年10月現在 当社調べ

  一般的な装置の問題点

  • 空気の層が紫外光を吸収してしまい,紫外光が試料に効率よく届かない
  • ランプから遠い部分には紫外光が当たりにくい
  • 紫外光と空気中の酸素が反応して装置内でオゾンが発生してしまう

 

小さなボディに大きな画面とインジケータを搭載

画面は十分な大きさのタッチパネルで,洗練されたUIと合わせて視認性,操作性は抜群です。
インジケータは「測定中」,「警告あり」などの装置の状態が,ひと目で分かりやすく確認できます。
もう操作やデータの確認のたびに,白黒の小さな画面を覗き込んだり,離れた場所にあるモニターやコントローラがあるところまで行く必要はありません。

モニタ表示

モニタ表示

インジケータ

インジケータ

トレンド表示

トレンド表示

テーブル表示

テーブル表示

小さく軽いボディで据付も自由自在

小さくて軽いeTOCは,卓上での使用のほか,オプションのブラケットキットを追加すると,壁面やパイプへの取り付けにも対応します。
いずれの場合も,装置の側面にサンプラを取り付けて,その場で校正することが可能です。
お客様の都合が良い場所で,装置をご利用いただけます。

業務の効率を上げる使いやすさ

メンテナンスは工具フリー

1年間メンテナンスフリー※3,メンテナンスは工具フリー

装置はシンプルな構成で1年間部品交換不要※4です。
メンテナンス時の定期交換部品はエキシマランプとポンプヘッドのみ。
どちらも装置の前面扉からアクセスでき,工具を使用せず,簡単な取り付け,取り外しが可能です。

ランプの交換

ランプの交換

ポンプの交換

ポンプの交換

サンプラを使用して現場で校正が可能
現場ですぐに使える調製済み標準液もご用意

オプションのバイアルサンプラを使用して,現場での校正やバリデーションが可能です。
サンプラには4本の標準液をセットすることができ,最大4点の検量線を作成できます。
校正やバリデーション,システム適合性試験に最適な調製済み標準液もご用意しました(P10参照)。
サンプラと合わせてご利用いただくと,校正やバリデーションをより簡単・確実に行えます。

本体+バイアルサンプラ(オプション)

本体+バイアルサンプラ(オプション)

調製済み標準液

調製済み標準液

利用しやすい形式でデータを出力

見やすく,利用しやすい形式でデータを出力

eTOCからUSBメモリへ,テキスト形式(CSV形式),PDF形式でデータを出力できます。

■テキストファイル

カンマ区切り(CSV),またはタブ区切り。表計算ソフトに読み込ませて使用可能。

テキストファイル

テキストファイル

■デイリーレポート(PDFファイル)

一日分の測定結果を数値の一覧とトレンド表示で見やすくまとめたレポート。

デイリーレポート(PDF)

デイリーレポート(PDF)

■プリンタ出力

プリンタ出力

eTOCにプリンタ(オプション)を接続して値を出力することも可能です。対応プリンタについては当社営業にお問い合わせください。

■外部入出力

外部入出力キット(オプション)を使用すると、アナログ出力(4-20 mA)で測定値を出力したり、接点出力で警報やイベントを出力したりできます。

離れた場所からWebでデータを確認

eTOCをネットワークに繋いで,離れた場所にある装置の測定値を,お手元のPCやタブレットから確認することができます。Webブラウザで閲覧できるので,特殊なソフトは必要ありません。データをファイルとしてダウンロードすることも可能です。
装置が離れた場所にあっても,装置が何台あっても,現場を巡回する必要はありません。

離れた場所からWebでデータを確認

規制対応をサポートする信頼性

確かな測定でお客様の規制対応をサポート

測定にはシンプルな構造で高感度測定が可能なUV酸化-導電率方式を採用しました。
測定限界0.1 μg/Lという高感度を実現し,超純水の品質管理に最適です。
JP※5,USP,EPなどの各国薬局方にも対応します。

 

内部構造と測定原理

内部構造と測定原理

測定データ

測定データ

eTOCで超純水を24時間連続で測定したデータ
TOC が5 µg/L前後の水を安定して測定できています。

セキュリティ機能でデータ管理をサポート

ユーザ認証と権限設定

ユーザ認証と権限設定

IDとパスワードによるユーザの認証が可能です。
ユーザ毎に“Administrator”,“Main User”,“User”,“Guest”の4段階から 権限を設定して,使用する機能を制限することができます。

操作履歴の記録

操作履歴の記録

ユーザが行った操作に加え、測定値の警報や装置のエラーなども記録されます。
履歴を閲覧する際は「測定値警報のみ」,「エラーのみ」というように, 内容を絞り込んで確認することができます。

分析データシステムLabSolutionsとの連携

1日ごとに,測定値をまとめたデイリーレポートと,操作の履歴をファイルに出力して,ネットワーク経由でLabSolutionsのデータベースに送信できます。
複数台のeTOCのデータや,他の分析装置のデータを合わせて,一元管理することが可能です。

分析データシステムLabSolutionsとの連携

※1 2020年10月現在 当社調べ(多色表示画面を備えたTOC計として)
※2 2020年10月現在 当社調べ
※3 試料性状や測定条件などにより前後する事があります。
※4 測定周期が5分以上の場合
※5 JP17 G8 4.5.2 高純度の水を原水として用いる場合

Top of This Page