VMS-1000F

FID形VOC分析計

VMS-1000F

小型・軽量・簡単操作! VMS-1000F

揮発性有機化合物の排出抑制対策に!

  • 小型・軽量設計のため,現場に持ち運んでの測定が可能です。
    本装置は防爆構造ではありません。危険地区では使用できません。
  • 大型液晶画面に,測定値とグラフを表示。 濃度変動を確認しながら測定することができます。
  • デジタルフローコントローラを採用していますので,安定した性能が得られます。
  • FIDの助燃用やゼロガス用の空気ボンベが不要で,ランニングコストを削減できます。
  • バッグ分析モードでは,自動で吸引を停止しますので,バッグ内の試料を無駄にしません
  • 内蔵コンパクトフラッシュへのデータ記録が可能です。(オプション)
    データロガー,PCレコーダなど,さまざまな記録方法にも対応可能です。(データロガー,PCレコーダは別途必要です)

*本装置は JIS B 7989 には準拠しておりません。

仕様

  測定対象試料   揮発性有機化合物排出口付近の気体,またはこれに類する気体
  測定成分   全炭化水素
  測定方式   水素炎イオン化法
  測定範囲   10/20/50/100/200/500/1000/2000/5000/10000volppmC
  繰返し性   最大目盛り値の±1%以内 ※1
  ゼロドリフト   最大目盛り値の±1%以内/8時間 ※1
  スパンドリフト   最大目盛り値の±1%以内/8時間 ※1
  指示誤差   最大目盛り値の±1%以内 ※1
  90%応答時間   5秒以下
  感度 ※2   トルエンに対して90~105% 酢酸エチルに対して70%以上 トリクロロエチレンに対して95~110%
  暖気時間   1時間
  出力   アナログ 1V
  所要ガス   純水素(FID用) およびプロパンガス(空気ベース,校正用)
  所要電源   AC100V 50/60Hz 約600VA
  大きさ   幅約205mm×奥行約400mm×高さ約337mm
  重さ   8kg

※1 1000volppmCレンジ,プロパンにて
※2 プロパンを使用して校正した分析計により, 濃度既知の揮発性有機化合物を含むガスを分析したときに得られる指示値の値付けされた濃度
     に対する百分率

オプション

  運転部品   水素ガス用減圧器および配管
  スパンガス用減圧器および配管
  移動用台車(運搬ケース入り本体,水素ガスボンベ,スパンガスボンベ搭載可)
  運搬ケース(移動用)
  データ記録   内蔵CFメモリユニット,データロガー,PCレコーダ等
  (いずれもオプション)
  バッグ捕集   捕集バッグ(フッ素樹脂フィルム製またはポリエステル樹脂フィルム製20L)
  吸引ケース(20L)
  試料採取セット(採取配管,ドレンポット,フィルタ,ポンプ,ニードル,流量計を含む)
  連続捕集   試料採取用配管
  試料採取セット(採取配管,ドレンポット,フィルタ,ポンプ,ニードル,流量計を含む)

Top of This Page