FTA®カードを用いたマウス、植物株のタイピング

FTA®カードを用いたマウス、植物株のタイピング 

DNA精製操作不要のAmpdirect®とFTA®カード(Whatman社)の組み合わせによる簡便なPCRを実施しました。ノックアウトマウスやトランスジェニックマウスのジェノタイピング,植物株タイピング等の手間を軽減し,カード上のDNAは室温で長期間保存可能となるので皆様の研究のお役に立ちます。

遺伝子増幅試薬Ampdirect Plus

遺伝子増幅試薬Ampdirect Plus

血液や動植物の組織中には、酵素反応を阻害する物質が多量に存在しています。そのため,PCRなどを利用してDNAを解析するためには,サンプルからDNAを精製する必要があります。
Ampdirect®(PCRバッファー)には,サンプル中に含まれるPCR阻害物質の影響を抑制する働きがあり,血液や動植物組織,SDSなどを含む各種サンプルよりDNAを精製することなくPCRを行うことが可能になります。

Top of This Page