PIP(3:1)スクリーニングシステム操作講習会

【概要】

Py/TD-GC-MSを用いたPIP(3:1)のスクリーニング分析を習得していただくための講習会です。 24時間 どこでも講習向け動画を視聴できる,オンライン形式で開催します。


フェノール,イソプロピルリン酸(3:1)(PIP(3:1))(CAS登録番号:68937-41-7)は,イソプロピル化された3つのフェニル基を持つリン酸化合物です。2021年,米国環境保護庁(U.S. EPA)は,有害物質規制法(TSCA)の第6条h項に基づき,当該物質を含有する製品や成形品の国内での製造や商取引の規制を開始しました。米国へ製品を輸出する場合,PIP(3:1)が含有されていないことを確認する必要があります。PIP(3:1)の含有の有無を確認する上で,熱分解(熱脱着)-GC-MS(Py/TD-GC-MS)の分析手法が有効です。

講習向け動画視聴ページ例

【推奨システム】
PY-3030D+(GCMS-QP2010 Ultraまたは GCMS-QP2020シリーズ)
本講習会ではPy-Screenerをすでにご使用の方が対象ですが,上記システムをお持ちの方であればどなたでもご参加いただけます。

開催日程
第2回配信:2021年10月4日(月曜日)から2021年10月31日(日曜日)まで
 ※現在,第2回配信の視聴お申込み受付は終了しています。
  第3回は11月,第4回は12月に開催を予定しています。
視聴URL https://solutions.shimadzu.co.jp/form/ana/training/enter.html
参加費 30,000円
※受付時に,スクリーニング分析に必要なファイル一式を配布いたします。
視聴お申し込み受付 第2回配信のお申込み受付は終了しました。
 
Top of This Page

お問い合わせ