廃プラスチック材の選別

廃プラスチック材の選別

プラスチックのリサイクルにおいて,まず重要な事は,回収されたプラスチック材を種類毎に選別する事です。
そこでは,(1)瞬時に判別できること,(2)形状によらず測定できること,(3)オンラインで測定できること,などの条件が要求されます。現状では,赤外分光光度計(FTIR)で3つの条件を満たすことは困難ですが,ここでは比較的形状によらず特に固いものでも測定することができるダイヤモンドプリズムを用いた水平形ATR法による測定をご紹介します。

ポリスチレンのスペクトル

ポリスチレンのスペクトル

ポリエチレンのスペクトル

ポリエチレンのスペクトル


 

赤外分光光度計

赤外線をある分子に照射すると,分子をつくっている原子間の振動エネルギーに相当する赤外線を吸収します。この吸収度合いを調べることによって化合物の構造推定や定量を行うのが赤外分光法です。
 

 

Top of This Page