固形分量

CNF水分散液中の固形分率の評価

 
電子式水分計 MOC63u

電子式水分計
MOC63u

CNFは主に水分散の状態で製造されます。CNFの品質を把握するためには,水分散中の固形分量を正しく知る必要があります。電子式水分計を用いることで,製造工程で簡便にかつ迅速に水分散液中のCNF含入量を測定することが可能です。精密な測定では,オーブンを用いて複数の工程を経る手順となるため,準備から測定完了まで数時間を要しますが,電子式水分計を用いることで固形分量を手早く測定できます。

  • 正確な水分測定を実現できるアルミ一体型UniBlocTM搭載
  • 高速で200度まで加熱可能な高出力ハロゲンヒーター搭載
  • ひょう量60g/最小表示1mg

右図はネットワーク型CNFの水分散液の固形分率を測定した一例です。電子式水分計は5秒ごとに質量をサンプリング,5分間で室温から120度に昇温,その後,120度で加熱,直近の質量と比較しその値の質量変動率が0.05%以下になった場合に加熱を停止するよう設定しました。約10gのCNF水分散液を乾燥させた結果,固形分率は2.4%でした。この時の乾燥時間は90分以内でした。

Top of This Page