付属品選択ガイド(固体試料編)

固体試料を,以下の分類で示しています。
 ・表面が平ら(滑面 : 鏡面金属やミラー,透明アクリル・フィルムなど)
 ・表面が粗い(粗面 : 紙,布,プラスチック,乳半フィルムなど)
 ・サイズが大きい

試料 測定法,条件 付属品
表面が
平ら
透過率測定 厚さ3 mm以下 標準試料室+フィルムフォルダ
厚さ3 mm以上 積分球付属装置
大形の積分球が必要
(JIS規定の関係など)
φ150 mm積分球付属装置(UV-3600のみ)
試料サイズが大きい
(100 mm角以上)
大形試料室もしくはSolidSpec-3700
反射率測定 相対値での
鏡面反射測定
通常測定 鏡面反射測定装置(入射角5°)
試料サイズが大きい
(100 mm角以上)
SolidSpec-3700+大形鏡面反射装置(入射角5°)
絶対値での
鏡面反射測定
入射角5°で測定 絶対反射測定装置(ASR3105)
( 要:大形試料室試料台積分球セット)
12/30/45°で測定 絶対反射測定装置(ASR3112/ 3130/ 3145)
( 要:大形試料室試料台積分球セット偏光子Assy)
角度可変で測定 角度可変絶対反射測定装置(特注)
(要:大形試料室偏光子Assy)
相対値での
拡散反射測定
通常測定 積分球付属装置
大形の積分球が必要
(JIS規定の関係など)
φ150 mm積分球付属装置(UV-3600のみ)
試料サイズが大きい
(100 mm角以上)
大形試料室もしくはSolidSpec-3700
表面が
粗い
透過率測定 通常測定 積分球付属装置
大形の積分球が必要
(JIS規定の関係など)
φ150 mm積分球付属装置(UV-3600のみ)
試料サイズが大きい
(100 mm角以上)
大形試料室もしくはSolidSpec-3700
反射率測定 相対値での
拡散反射測定
通常測定 積分球付属装置
大形の積分球が必要
(JIS規定の関係など)
φ150mm積分球付属装置(UV-3600のみ)
試料サイズが大きい
(100 mm角以上)
大形試料室もしくはSolidSpec-3700
絶対値での(拡散)反射測定 試料によります。ご相談ください。
(ミラー反射率を用いた換算による方法などがあります。)
試料サイズが大きい(100 mm角以上) 大形試料室もしくはSolidSpec-3700

* カラー測定には「カラー測定ソフトウェア」が,膜厚測定には「膜厚測定ソフトウェア」が,別途必要です。

Top of This Page