一体型液体クロマトグラフ i-Series (Prominence-i,Nexra-i)
超臨界流体抽出/超臨界クロマトグラフシステム Nexera UC
3つのSmart性能が日常の分析を飛躍させる GCMS-TQ8040
GCMS用多検体定量支援ソフトウェア LabSolutions Insight
2015.03.24
会員制サイト Solutions Navigator のGCデータ集(メソッドファイル付PDF)を改訂
食品・香料:2点追加,1点改訂  医薬品・生化学:4点追加,1点改訂
2015.03.23
超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム”Nexera UC”が,Pittcon Editors’ Awards 2015において金賞を受賞
2015.03.18
GC-MS Application Data Sheet 2点追加掲載(GC-MS/MSによる農作物中の残留農薬477成分一斉分析法の検討(1),(2))
2015.03.16
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「HPLC:培地中の有機酸分析」,「AA:食用油中鉛の直接測定」
2015.03.16
全自動LCMS前処理装置「SCLAM-2000」発売
採血管をセットするだけで,検体の前処理からLCMS分析まで全自動分析を実現

2015.03.13
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「EPMA:生体組織の分析」
2015.03.12
分光蛍光光度計 RF-6000 を発売
クラス最高の高感度,高速測定,高い安定性を実現。蛍光測定に加え,ケミカルルミネッセンス,バイオルミネッセンス・エレクトロルミネッセンスの測定も可能。お客様の多様な測定ニーズにお応えします。
2015.03.12
「HPLC:ソフトウェア活用術Q&A」に分析お困り事の解決策を追加しました
分析の準備から分析,分析データの確認までをグラフィカルかつコンパクトに集約した「コントロールパネル機能」,分析が終了したら装置停止までを自動実行する「シャットダウン機能」の2点を掲載。
2015.03.11
LabSolutions LCMS Ver.5.75 アップデートプログラム掲載
2015.03.11
一体型HPLC i-Seriesシリーズ「主成分高分子と微量添加剤の同時分析」
一体型HPLC“Prominence-i(PDAモデル)”に示差屈折率検出器を組み合わせて、GPC分析にもお使い頂けます。酸化防止剤を含むポリスチレンの分子量分布計算と酸化防止剤の定量を同時に行った事例をご紹介します。

2015.03.06
GCMS用多検体定量支援ソフトウェア 「LabSolutions Insight」 を発売
多検体・多成分のデータ解析業務を強力にサポートするルーチン分析向け定量支援ソフトウェアです。分析結果の一覧表示はもちろん,基準値を外れた成分を絞り込んで表示/印刷できるなど,データ解析のスループットを大幅に向上させます。
2015.03.06
GC/MS,GC/MS/MS用 多機能オートサンプラ 「AOC-6000」 を発売
液体試料注入法,ヘッドスペース(HS)注入法と固相マイクロ抽出(SPME)注入法の3種類の試料導入法に対応。煩雑な試料前処理の手間を減らしたい,生産性を上げたい,そんなご要望にお応えします。
2015.03.02
ナノサーチ顕微鏡を使った課題解決事例に「広い領域でナノメートルの3次元形状を観て,計測」を追加
2015.03.02
分野&データに「粗さパラメータの視覚化/ OLS,SFT」追加掲載
2015.02.25
高速3D細胞スキャナーシリーズCell3iMagerシリーズ掲載(株式会社SCREENホールディングスの販売契約と締結)
3次元培養細胞をラベルフリーで高速イメージスキャンし,細胞数を測定します。
2015.02.24
Application Noteを1点掲載
「メダカへの変異導入と変異系統作製 -MultiNA の活用-(No.36)」
変異個体の評価や選別にマイクロチップ電気泳動装置”MultiNA”を活用した効率的な変異系統の作製についてご紹介します。
2015.02.23
「HPLC:ソフトウェア活用術Q&A」に分析お困り事の解決策を追加しました
装置や普段使いの分析メソッドの選択を一目でおこなえる「お気に入り登録」,移動相やオートサンプラ洗浄液の置換から装置やカラムの平衡化までを自動で行う「オートパージ機能」など4点を掲載。
2015.02.20
食品異物分析システム
食品中の異物を、赤外スペクトルライブラリと蛍光X線プロファイルで精度よく定性できます。
2015.02.20
HPLC有機酸分析システム 移動相試薬セットを発売 
UV検出よりも選択性高く分析頂ける有機酸分析システムの調製済み移動相とpH緩衝化試薬のセットです。溶液調製にかかる時間やコストを削減し,調製ミスのリスクを低減します。
2015.02.20
HPLC技術情報誌 LC talk Vol.93発行
talk「食品中残留農薬分析の今昔よもやま話」,Applications「食品中ヒスタミンとチラミンの分析 」,Introductory「グラジエント溶離のはなし」など
2015.03.23
超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム”Nexera UC”が,Pittcon Editors’ Awards 2015において金賞を受賞
2015.03.16
全自動LCMS前処理装置「SCLAM-2000」発売
採血管をセットするだけで,検体の前処理からLCMS分析まで全自動分析を実現

2015.03.11
LabSolutions LCMS Ver.5.75 アップデートプログラム掲載
2015.03.11
一体型HPLC i-Seriesシリーズ「主成分高分子と微量添加剤の同時分析」
一体型HPLC“Prominence-i(PDAモデル)”に示差屈折率検出器を組み合わせて、GPC分析にもお使い頂けます。酸化防止剤を含むポリスチレンの分子量分布計算と酸化防止剤の定量を同時に行った事例をご紹介します。

2015.02.25
高速3D細胞スキャナーシリーズCell3iMagerシリーズ掲載(株式会社SCREENホールディングスの販売契約と締結)
3次元培養細胞をラベルフリーで高速イメージスキャンし,細胞数を測定します。
2015.02.20
食品異物分析システム
食品中の異物を、赤外スペクトルライブラリと蛍光X線プロファイルで精度よく定性できます。
2015.02.20
HPLC有機酸分析システム 移動相試薬セットを発売 
UV検出よりも選択性高く分析頂ける有機酸分析システムの調製済み移動相とpH緩衝化試薬のセットです。溶液調製にかかる時間やコストを削減し,調製ミスのリスクを低減します。
2015.02.12
COD測定機能付オンライン全窒素・全りん計 TNP-4200Uを発売
COD・全窒素・全リンの3項目が測定でき,一台で水質総量規制に対応できます。
2015.02.10
一体型HPLC”i-Series”と高感度蛍光検出器を用いた水道水中陰イオン界面活性剤の分析例をご紹介します。検水を濃縮せずに水質基準項目の設定基準値濃度を感度よく検出できます。
2015.02.09
バイオタージ社製品 自動サンプル前処理装置 Extraheraを発売
2015.01.27
超臨界流体抽出/超臨界クロマトグラフシステム 「Nexera UC」を発売 
超臨界流体を用いた抽出とクロマトグラフにより,試料の前処理から高速高分離分析まで全自動で行える画期的なシステムです。多くの成分を含むサンプルの一斉分析が直面する課題にソリューションを提供します。
2015.01.23
LC/MS/MS MRMライブラリ 代謝酵素(酵母)を発売
真核生物のモデル生物として,もしくは近年では,バイオエタノール生産において研究開発がおこなわれている,出芽酵母の中心代謝経路に関連する228種類の代謝酵素を分析するための,計3584のMRMトランジションを収載したライブラリをご提供(全てのMRMトランジションに対して13CラベルされたペプチドのMRM分析条件を収載しています)。
感度や選択性が高く,また抗体が不要といった利点を持つ,トリプル四重極LC/MS/MSを用いた定量プロテオミクスを微生物の代謝酵素について迅速かつ簡便におこなえます。
2015.01.22
WizAArd Ver.5.11 アップデートプログラム 掲載
2015.01.19
一体型HPLC”i-Series”と示差屈折率検出器を用いたジュース中の糖分析例をご紹介します。i-Seriesは、30cmカラムを収納でき、80℃の高温分析にも対応可能です。
2015.01.13
LCMS-IT-TOF用 LCMSsolution Ver.3.80 アップデートプログラム掲載
2015.01.06
島津GCドライバ Ver.2.00 アップデートプログラム掲載
2015.01.05
GC/MS代謝物分析用データベース Smart Metabolites Databaseを発売
血液,尿,細胞等のバイオロジカルサンプルに含まれる代謝物を中心に登録した GC/MS,GC-MS/MS用データベースです。より多くの代謝物を正確に同定することが可能です。
2014.12.18
TOC-Control L Ver.1.04 アップデートプログラム 掲載
2014.12.18
LabSolutions LCMS Ver.5.72 アップデートプログラム掲載
2014.12.16
自動LC分取包括的ガスクロマトグラフ質量分析システム 5D Ultra-eを発売
5D Ultra-e(LC-GCxGC-MS/MSシステム)は,超高速液体クロマトグラフ(HPLC)と包括的2次元ガスクロマトグラフ(GC×GC),トリプル四重極質量分析計(MS/MS)という5つの次元の分析をオンラインで接続した世界で唯一のシステムです。5つの次元が,極めて複雑な試料の網羅的な精密解析を実現します。
2015.03.24
会員制サイト Solutions Navigator のGCデータ集(メソッドファイル付PDF)を改訂
食品・香料:2点追加,1点改訂  医薬品・生化学:4点追加,1点改訂
2015.03.18
GC-MS Application Data Sheet 2点追加掲載(GC-MS/MSによる農作物中の残留農薬477成分一斉分析法の検討(1),(2))
2015.03.16
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「HPLC:培地中の有機酸分析」,「AA:食用油中鉛の直接測定」
2015.03.13
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「EPMA:生体組織の分析」
2015.03.12
分光蛍光光度計 RF-6000 を発売
クラス最高の高感度,高速測定,高い安定性を実現。蛍光測定に加え,ケミカルルミネッセンス,バイオルミネッセンス・エレクトロルミネッセンスの測定も可能。お客様の多様な測定ニーズにお応えします。
2015.03.06
GCMS用多検体定量支援ソフトウェア 「LabSolutions Insight」 を発売
多検体・多成分のデータ解析業務を強力にサポートするルーチン分析向け定量支援ソフトウェアです。分析結果の一覧表示はもちろん,基準値を外れた成分を絞り込んで表示/印刷できるなど,データ解析のスループットを大幅に向上させます。
2015.03.06
GC/MS,GC/MS/MS用 多機能オートサンプラ 「AOC-6000」 を発売
液体試料注入法,ヘッドスペース(HS)注入法と固相マイクロ抽出(SPME)注入法の3種類の試料導入法に対応。煩雑な試料前処理の手間を減らしたい,生産性を上げたい,そんなご要望にお応えします。
2015.03.02
ナノサーチ顕微鏡を使った課題解決事例に「広い領域でナノメートルの3次元形状を観て,計測」を追加
2015.03.02
分野&データに「粗さパラメータの視覚化/ OLS,SFT」追加掲載
2015.02.24
Application Noteを1点掲載
「メダカへの変異導入と変異系統作製 -MultiNA の活用-(No.36)」
変異個体の評価や選別にマイクロチップ電気泳動装置”MultiNA”を活用した効率的な変異系統の作製についてご紹介します。
2015.02.20
HPLC技術情報誌 LC talk Vol.93発行
talk「食品中残留農薬分析の今昔よもやま話」,Applications「食品中ヒスタミンとチラミンの分析 」,Introductory「グラジエント溶離のはなし」など
2015.02.16
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを5点追加。
「HPLC:IgG水溶液中ポリソルベート80の分析(1)(2),抗体医薬品のペプチドマッピング,マンニトールの分析」,「TOC:製紙工場排水処理施設のTOC上流監視」
2015.02.09
用途の幅を拡げる 島津UVシリーズ用セミカスタム品 のご紹介
様々なセミカスタム品をご用意しています。分析目的に合ったセミカスタム品をお選びいただき,島津UVとともにご愛用ください。
2015.02.06
GC-MS Application Data Sheet 3点追加掲載(GC-MSを用いたヒトES細胞抽出物の代謝物分析,GC-MS/MSを用いたヒト標準血漿中代謝物の一斉分析,キャニスター濃縮導入GC/MSシステムによる有害大気汚染物質の分析)
2015.02.06
HPLC / LCMS アプリケーションデータシート「LC/MS/MSを用いた酵母における代謝酵素の定量プロテオミクス」を追加掲載
中心代謝に関連する228種の酵素を対象とした解析例を示します。酵母の遺伝子破壊株における複数のタンパク質の挙動の変化を確認しました。
2015.02.03
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを7点追加。
「GC:プロピレングリコール中エチレングリコール及びジエチレングリコールの分析」,「LCMS:小麦中のデオキシニバレノール関連物質4成分の一斉分析,下痢性貝毒の分析,肥料中スルファミン酸の分析」,「表面観察:粗さパラメータの視覚化,ナノサーチ顕微鏡とクローズドループステージによるSPM観察(1),(2)」
2015.01.21
GC-MS Technical Report 1点追加掲載(LC-GC×GC-MS/MS:強力な統合型分離分析システム)
2015.01.20
分野&データに「微細藻類の海水培養液中のTOC・TN同時測定」「バイオマス中有機酸,フラン化合物の分析(HPLC)」追加掲載
2015.01.20
用途の幅を拡げる 島津FTIRシリーズ用セミカスタム品 のご紹介
セミカスタム品を追加掲載しました。分析目的に合ったセミカスタム品をお選びいただき,島津FTIRとともにご愛用ください。
2015.01.19
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「FTIR:高感度1回反射水平型ダイヤモンドATR装置Questのご紹介」
トップ