LabTotal Vial
超臨界流体抽出/超臨界クロマトグラフシステム Nexera UC
3つのSmart性能が日常の分析を飛躍させる GCMS-TQ8040
GCMS用多検体定量支援ソフトウェア LabSolutions Insight
2015.05.22
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「X線分析:EDXによる粉ミルク中微量重元素のスクリーニング分析」
2015.05.20
GCMSsolutions Ver.4.30 アップデートプログラム掲載
2015.05.19
分野&データに「高感度ガスクロマトグラフシステムTraceraによる水素中不純物分析」追加掲載
2015.05.14
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「X線分析:高速残留応力測定(コイルばねとリニアガイド),食品製造工程の異物分析(EDXとFTIRの活用)」
2015.05.13
ムーニービスコメータSMV-301/SMV-301RT を発売
高い安全性と作業効率を実現しました。
2015.05.12
におい嗅ぎGC/GCMSシステム用 “におい嗅ぎ手書きソフトウェア”
従来の強度情報に加え,文字・記号・イラストなどの手書きの画像情報も保存できるようになります。簡便で効率的に,におい情報を記録できます。
2015.05.12
LCtalk特集号 IX(9)を発行(2015年4月20日)
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の技術情報誌「LCtalk」のNo.59~93の中から,19件の記事をピックアップ,「HPLC入門 -Part2」と題した特集号IXを発行しました。国際単位系(SI),HPLCの基本用語およびグラジエント溶離など,HPLC分析業務を始めて間もない方に向けた情報満載の内容になっております。
2015.05.11
GC-MS Technical Report 1点追加掲載(ダイナミックヘッドスペースガスクロマトグラフ質量分析計を用いた血中微量揮発性成分分析)
2015.05.11
島津GCドライバ Ver.2.00 SP1 アップデートプログラム掲載
2015.05.07
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを4点追加。
「LCMS:ビタミンD代謝物の定量分析」,「光分析:FTIRとEDXによる樹脂中の無機系添加剤の分析,DNA検出用蛍光プローブの蛍光測定」,「TOC:有機フッ素化合物(PFOS)のTOC測定」
2015.04.28
LabSolutions DB Ver.6.41 アップデートプログラム掲載
2015.04.22
使いやすさを追求した一体型HPLC“i-Series”、ご評価いただいている3ポイント(省スペース,ベースライン安定性,タッチパネル)をご紹介!
2015.04.20
GC/MS環境汚染物質分析用データベース 「Smart Environmental Database」 を発売
環境汚染物質分析用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。500以上の環境汚染物質の最適なトランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
2015.04.15
お客様の声 - A bridge with our customers -
万協製薬株式会社様(一体型液体クロマトグラフ(Prominence-i) ご使用)
2015.04.15
LabSolutions LCMS Ver.5.75 SP2 アップデートプログラム掲載
2015.04.14
GC-MS Application Data Sheet 2点追加掲載(Py-Screenerを用いたフタル酸エステル類の分析(1),(2))
2015.04.14
フタル酸エステル スクリーニングシステム 「Py-Screener」 を発売
フタル酸エステル類を簡便にスクリーニングするためのシステムです。試料調製から分析・データ解析,メンテナンスといった一連の作業をサポートする専用ソフトウェア,専用標準試料やサンプリングツールなどで構成され,初めての方でも簡単に操作できる環境をご提供します。
2015.04.13
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを3点追加。
「HPLC:赤唐辛子中カロテノイドの包括的2次元分離,植物油中トリグリセリドの包括的2次元分離」,「熱分析:タンパク質の熱変性測定」
2015.04.09
LC/MS/MSメソッドパッケージ 細胞培養プロファイリングを発売
細胞培養の培地成分および細胞分泌代謝物を分析する手法として,世界最大レベルの成分数95成分を一斉に,17分で迅速に分析可能なメソッド(装置パラメーター,試料調製法など)をご提供。導入後すぐに細胞培養により消費もしくは蓄積された分泌代謝物の評価を開始できます。
2015.04.08
GC-MS Application Data Sheet 1点追加掲載(GC-MS/MSを使用した食品中の多環芳香族炭化水素類(PAHs)分析)
2015.05.11
島津GCドライバ Ver.2.00 SP1 アップデートプログラム掲載
2015.04.28
LabSolutions DB Ver.6.41 アップデートプログラム掲載
2015.04.22
使いやすさを追求した一体型HPLC“i-Series”、ご評価いただいている3ポイント(省スペース,ベースライン安定性,タッチパネル)をご紹介!
2015.04.15
お客様の声 - A bridge with our customers -
万協製薬株式会社様(一体型液体クロマトグラフ(Prominence-i) ご使用)
2015.04.15
LabSolutions LCMS Ver.5.75 SP2 アップデートプログラム掲載
2015.04.09
LC/MS/MSメソッドパッケージ 細胞培養プロファイリングを発売
細胞培養の培地成分および細胞分泌代謝物を分析する手法として,世界最大レベルの成分数95成分を一斉に,17分で迅速に分析可能なメソッド(装置パラメーター,試料調製法など)をご提供。導入後すぐに細胞培養により消費もしくは蓄積された分泌代謝物の評価を開始できます。
2015.04.06
マルチタイプICP発光分光分析装置ICPE-9800シリーズの分析例(めっき液,下水処理水)を掲載
2015.04.01
ガラスバイアル表面への塩基性化合物の吸着を低減する「島津 LabTotal Vial」発売
2015.03.23
超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム”Nexera UC”が,Pittcon Editors’ Awards 2015において金賞を受賞
2015.03.16
全自動LCMS前処理装置「SCLAM-2000」発売
採血管をセットするだけで,検体の前処理からLCMS分析まで全自動分析を実現

2015.03.11
LabSolutions LCMS Ver.5.75 アップデートプログラム掲載
2015.03.11
一体型HPLC i-Seriesシリーズ「主成分高分子と微量添加剤の同時分析」
一体型HPLC“Prominence-i(PDAモデル)”に示差屈折率検出器を組み合わせて、GPC分析にもお使い頂けます。酸化防止剤を含むポリスチレンの分子量分布計算と酸化防止剤の定量を同時に行った事例をご紹介します。

2015.02.25
高速3D細胞スキャナーシリーズCell3iMagerシリーズ掲載(株式会社SCREENホールディングスの販売契約と締結)
3次元培養細胞をラベルフリーで高速イメージスキャンし,細胞数を測定します。
2015.02.20
食品異物分析システム
食品中の異物を、赤外スペクトルライブラリと蛍光X線プロファイルで精度よく定性できます。
2015.02.20
HPLC有機酸分析システム 移動相試薬セットを発売 
UV検出よりも選択性高く分析頂ける有機酸分析システムの調製済み移動相とpH緩衝化試薬のセットです。溶液調製にかかる時間やコストを削減し,調製ミスのリスクを低減します。
2015.02.12
COD測定機能付オンライン全窒素・全りん計 TNP-4200Uを発売
COD・全窒素・全リンの3項目が測定でき,一台で水質総量規制に対応できます。
2015.02.10
一体型HPLC”i-Series”と高感度蛍光検出器を用いた水道水中陰イオン界面活性剤の分析例をご紹介します。検水を濃縮せずに水質基準項目の設定基準値濃度を感度よく検出できます。
2015.02.09
バイオタージ社製品 自動サンプル前処理装置 Extraheraを発売
2015.01.27
超臨界流体抽出/超臨界クロマトグラフシステム 「Nexera UC」を発売 
超臨界流体を用いた抽出とクロマトグラフにより,試料の前処理から高速高分離分析まで全自動で行える画期的なシステムです。多くの成分を含むサンプルの一斉分析が直面する課題にソリューションを提供します。
2015.01.23
LC/MS/MS MRMライブラリ 代謝酵素(酵母)を発売
真核生物のモデル生物として,もしくは近年では,バイオエタノール生産において研究開発がおこなわれている,出芽酵母の中心代謝経路に関連する228種類の代謝酵素を分析するための,計3584のMRMトランジションを収載したライブラリをご提供(全てのMRMトランジションに対して13CラベルされたペプチドのMRM分析条件を収載しています)。
感度や選択性が高く,また抗体が不要といった利点を持つ,トリプル四重極LC/MS/MSを用いた定量プロテオミクスを微生物の代謝酵素について迅速かつ簡便におこなえます。
2015.05.22
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「X線分析:EDXによる粉ミルク中微量重元素のスクリーニング分析」
2015.05.20
GCMSsolutions Ver.4.30 アップデートプログラム掲載
2015.05.19
分野&データに「高感度ガスクロマトグラフシステムTraceraによる水素中不純物分析」追加掲載
2015.05.14
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「X線分析:高速残留応力測定(コイルばねとリニアガイド),食品製造工程の異物分析(EDXとFTIRの活用)」
2015.05.13
ムーニービスコメータSMV-301/SMV-301RT を発売
高い安全性と作業効率を実現しました。
2015.05.12
におい嗅ぎGC/GCMSシステム用 “におい嗅ぎ手書きソフトウェア”
従来の強度情報に加え,文字・記号・イラストなどの手書きの画像情報も保存できるようになります。簡便で効率的に,におい情報を記録できます。
2015.05.11
GC-MS Technical Report 1点追加掲載(ダイナミックヘッドスペースガスクロマトグラフ質量分析計を用いた血中微量揮発性成分分析)
2015.05.07
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを4点追加。
「LCMS:ビタミンD代謝物の定量分析」,「光分析:FTIRとEDXによる樹脂中の無機系添加剤の分析,DNA検出用蛍光プローブの蛍光測定」,「TOC:有機フッ素化合物(PFOS)のTOC測定」
2015.04.20
GC/MS環境汚染物質分析用データベース 「Smart Environmental Database」 を発売
環境汚染物質分析用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。500以上の環境汚染物質の最適なトランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
2015.04.14
GC-MS Application Data Sheet 2点追加掲載(Py-Screenerを用いたフタル酸エステル類の分析(1),(2))
2015.04.14
フタル酸エステル スクリーニングシステム 「Py-Screener」 を発売
フタル酸エステル類を簡便にスクリーニングするためのシステムです。試料調製から分析・データ解析,メンテナンスといった一連の作業をサポートする専用ソフトウェア,専用標準試料やサンプリングツールなどで構成され,初めての方でも簡単に操作できる環境をご提供します。
2015.04.13
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを3点追加。
「HPLC:赤唐辛子中カロテノイドの包括的2次元分離,植物油中トリグリセリドの包括的2次元分離」,「熱分析:タンパク質の熱変性測定」
2015.04.08
GC-MS Application Data Sheet 1点追加掲載(GC-MS/MSを使用した食品中の多環芳香族炭化水素類(PAHs)分析)
2015.04.06
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを4点追加。
「GC:水素燃料の微量不純物分析」,「LCMS:哺乳動物細胞の培養上清一斉分析」,「ICP:潤滑油中添加元素の分析,使用潤滑油中の添加元素・磨耗金属・混入物質の分析」
2015.04.03
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「EPMA:微小部分析,表面硬化処理の分析」
2015.03.24
会員制サイト Solutions Navigator のGCデータ集(メソッドファイル付PDF)を改訂
食品・香料:2点追加,1点改訂  医薬品・生化学:4点追加,1点改訂
2015.03.18
GC-MS Application Data Sheet 2点追加掲載(GC-MS/MSによる農作物中の残留農薬477成分一斉分析法の検討(1),(2))
2015.03.16
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを2点追加。
「HPLC:培地中の有機酸分析」,「AA:食用油中鉛の直接測定」
2015.03.13
会員制サイト Solutions Navigator にアプリケーションニュースを1点追加。
「EPMA:生体組織の分析」
2015.03.12
分光蛍光光度計 RF-6000 を発売
クラス最高の高感度,高速測定,高い安定性を実現。蛍光測定に加え,ケミカルルミネッセンス,バイオルミネッセンス・エレクトロルミネッセンスの測定も可能。お客様の多様な測定ニーズにお応えします。
トップ