SPM-8100FM

走査型プローブ顕微鏡 (Scanning Probe Microscope)

HR-SPM
活きたナノ世界を観る

HR-SPMは周波数検出方式を採用した新世代の走査型プローブ顕微鏡です。 大気中・液中における超高分解能観察だけでなく,固液界面の水和・溶媒和の観察が初めて可能となりました。

HR-SPM:High Resolution Scanning Probe Microscope

HR-SPMの特長

 

高分解能

  • FM方式の採用
  • 大気中・液中でのノイズを従来比1/20に低減
  • 真空型SPMの性能を大気中・液中で実現

 

操作性の向上

  • HTスキャナの搭載により、観察エリアが拡大、さらに高速に!
  • デュアルモニター、信号表示機能により、フレキシビリティが格段に向上!

 

従来のSPM(走査型プローブ顕微鏡)/AFM(原子間力顕微鏡)は,一般にAM(振幅変調)方式ですが,FM(周波数変調)方式は,原理的に高感度測定法であり,より高い分解能での撮像が可能となります。

SPM : Scanning Probe Microscope
AFM : Atomic Force Microscope
AM : Amplitude Modulation
FM : Frequency Modulation

従来のSPM/AFMとの違い

液中原子分解能観察

液中原子分解能観察

NaCl表面の原子配列を飽和水溶液中で観察しています。従来のAFM(AM方式:左)では,ノイズに埋もれている原子が,FM方式(右)では鮮明に観察されます。
FM方式では,真の原子分解能( True Atomic Resolution)が得られます。

Pt触媒粒子の大気中KPFM観察1)

Pt触媒粒子の大気中KPFM観察

TiO2基板上のPt触媒粒子を識別し,KPFMにより表面電位を測定しました。数nmサイズのPt粒子の基板との電荷のやりとりが観察されています。右図中,赤領域は+ 電位,青領域は-電位です。KPFMにおいても,圧倒的に分解能が向上していることがわかります。

*KPFM(Keivin Probe Force Microscope)機能は特注です

<引用文献>

 
1) Ryohei Kokawa, Masahiro Ohta, Akira Sasahara, Hiroshi Onishi, Kelvin Probe Force Microscopy Study of a Pt/TiO2 Catalyst Model Placed in an Atmospheric Pressure of N2 Environment, Chemistry ‒ An Asian Journal, 7, 1251-1255 (2012).
SMP資料室

Top of This Page