Nexera UC

超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム

 

従来のLC/MSやGC/MSが直面する課題

Nexera UCがソリューションを提供

 

試料の前処理に時間が
かかり,煩わしい

 

目的成分の抽出から分析まで自動化

 超臨界流体で固体試料から成分を
 自動抽出。最大48検体処理
 

前処理中に,不安定な
化合物が分解してしまう

 

酸化されにくい遮光環境で自動抽出

 酸化や加水分解されやすい成分も
 試料中の状態を保ったまま分析
 

分析感度が足りない

 

高感度の全量MS分析

 ピーク拡散を抑制するだけでなく,
 スプリットなしに全量注入
動画を見る

 

Unified Chromatographyというもうひとつの可能性,ただ一つの可能性

Nexera UCは,試料の前処理操作から様々な分離モードによる分析と高感度検出を統合した新しい分析技術,Unified Chromatographyにより,分析のワークフローを改善します。

超臨界流体抽出,超臨界流体クロマトグラフ技術情報
⇒ Technincal Report「オンライン超臨界流体抽出-超臨界流体クロマトグラフィー(online SFE-SFC)」
⇒ Technincal Report「超臨界流体クロマトグラフィー」
⇒ Technincal Report「オフライン超臨界流体抽出による前処理の効率化」

超臨界流体抽出,超臨界流体クロマトグラフ関連情報
A bridge with our customers - お客様のご意見ご要望の紹介 -

複雑な試料中の目的成分を直接自動分析!Nexera UC オンラインSFE-SFCシステム

NexeraUCオンラインSFE-SFCシステムは,超臨界流体抽出(SFE)と超臨界クロマトグラフィー(SFC)を組み合わせた画期的なシステムです。固体試料から目的成分の抽出と分析を自動化することにより、前処理操作の時間短縮や分析精度の高いデータを得ることが可能です。

農産物中の残留農薬の一斉分析の前処理における従来法との比較

従来法の前処理操作では試薬の添加や遠心分離など数多くの工程が必要となりますが,NexeraUCでは複雑な操作は必要としないため,農薬分析の大幅な効率化が図れます。

 

NexeraUCでは,通常GCやGC/MS/MSで分析されている農薬から,LCやLC/MS/MSを用いて分析されている農薬まで,疎水性から親水性に至る幅広い極性の農薬成分を一斉に分析できます。

農薬500成分の迅速一斉分析

 

幅広い極性の農薬成分を一度に分析
(クリックして詳細画像を表示)

Top of This Page