紫外可視近赤外(UV-Vis-NIR) 分光光度計

分光光度計は従来液体試料の吸収測定を主な対象として発達してきましたが,近年は,半導体・薄膜・ガラス材料・吸収材など固体の反射,吸収測定の用途が急増し,高精度高エネルギーの分光器が登場してきました。 一方,ライフサイエンス分野においては超微量な試料を感度よく迅速に測定したいというハイスループット要望があります。 また,医薬・製薬分野では,セキュリティやオーディットトレイルといったGXP/Part11支援機能が必須となり,分光光度計用ソフトウェアもこれに対応する必要が出てきました。 島津は,これらの要望を満たすべくさまざまなハードウェア,ソフトウェアを開発しています。

  UVの誕生       IR/UVの沿革

サポート情報

プロダクトラインナップ

SolidSpec-3700/3700DUV

高感度,短波長測定能力,超大型試料室,を兼ね備えた最高級分光光度計です。

UV-3600 Plus

紫外可視から近赤外域(185~3300nm)までの幅広い測定範囲をカバーし,高感度・低迷光を実現した分光光度計です。

UV-2600/2700

測定対象に合わせて自由に拡張でき,幅広い分野でお使いいただける分光光度計です。

UV-1850

高い光学性能と,使いやすさを両立したUV-1800の機能をさらに進化させました。いつでも安定した測定結果をご提供します。

UV-1280

簡単な比色分析から,高度なスペクトラム測定・定量測定・カイネティクス・装置バリデーションまでカバーできる分光光度計です。

UV制御ソフト UVProbe

多機能ながらも操作性を向上した島津製紫外可視分光光度計の標準ソフトウェアです。

セミカスタム品

様々なセミカスタム品をご用意しています。分析目的に合ったセミカスタム品をお選びいただき,島津UVとともにご愛用ください。

ライフサイエンス分光光度計 BioSpec-nano

核酸他 1-2μLの微量サンプルの測定でも高い再現性,測定精度が得られるライフサイエンス分光光度計です。

ソリューションシステムパッケージ

アクセサリー / コンポーネント

分光光度計ポジション図

  UVポジション図
SolidSpec-3700/3700DUV UV-3600 Plus UV-2600/2700 UV-1850 UV-1280

Top of This Page