脱塩プラットフォームによる海水の精製 : ICPE-9000

世界各国で,新鮮な真水の供給は,人口増加と農業・工業・商業・地域的な要求のために緊迫したものとなってきています。綺麗な水に接することは世界の多くの地域で非常に限られています。海水淡水化設備は海水や汽水から真水を分離することができますが,それらは通常膨大な電力と熱を必要とするのです。このことにより,多くの貧しい国や地域から脱塩を経済的な発展から遠ざけています。Oasys Water SystemsはYale大学で最初に開発された技術のスピンオフとして2008年に設立されました。これは,汎用的なシステムによって,水を精製するために必要なエネルギーを減らすことができる,高度な脱塩技術を利用しています。

今回のCustomer

Oasys Water Systems
Mr. Craig Chiacchieri
Laboratory Supervisor, Oasys Water Systems

※掲載内容(所属団体,役職名等)は取材時のものです。

Oasys Water Systems様 Webサイト

インタビュー

ご担当の業務内容についてお聞かせください。

私たちの企業は,15%までの塩水(おおよそ海水の5倍の濃度)を真水に変えることができる,メンブレンベースの脱塩プラットフォーム(特許取得済み)を開発しました。このプロセスでは,半透過膜によって不必要な塩と隠れた汚染物質を除くことにより,自然に真水を放流するために,熱分解塩から成る自社独自のドロー溶液(より高濃度な溶液)を用います。ドロー溶液と真水の混合水はその後加熱され,水蒸気になり,新鮮な飲料水に変わって行きます。沸騰の必要はなく,高圧ポンプも必要ありません。このプロセスは,蒸気またはあらゆる発生源からの熱を利用します。それはOasysが化石燃料への出費やマイナス影響無しに真水を供給できることを可能としています。

ICPE-9000は主にどのような目的でお使いになっていますか?また,何名の方が使っておられますか?

私たちの役割はパイロットラボから生成したサンプルだけでなく,顧客からのサンプルも含むあらゆるサンプルの測定を行うことです。現在,私たちが分析するものの約10%が顧客のための分析です。私たちはICPE-9000をNa, Ca, Mg, Si, Ba, Sr, Feを測定するために使っています。平均すると,QCを含めて1日に約40サンプルになります。3人がICPE-9000を使っており,1週間のうち5日間サンプル測定をしています。

島津の製品をお選びいただいた理由をお聞かせください。

企業としての評判の高さ,優れた顧客サービス,信頼性と装置の頑健性です。

これまでICPE-9000をお使いになって,利点や優位点は見出されましたでしょうか?

装置の安定性が高く,堅牢です。ソフトウエアはシームレスでやはり堅牢,アシスタント機能はとても役立ちます。ソフトウエアは直観的で段階的に使い方を学べるように作られています。新人のオペレータであるMr. Margan Knapp はこのソフトのおかげで,1日で測定をすることができるようになりました。これは限られた時間で多くのサンプルを分析するための生産性を維持するという点において,非常に有用です。
デュアルビュー(観測切替え)は大きなアドバンテージでしょう。かなりの時間を節約することができます。加湿システムは試料導入部のつまりを最小限にとどめることにおいて,大きな差を生み出します。私たちは32,000ppmのNaを含むサンプルを分析できています!

ICPE-9000を使い始めた前と後で,何か期待に添わなかったことはありましたか?

期待通りでした。

ICPE-9000に関して,改善すべき点や拡張すべき機能など,ご提案があれば教えてください。

さらに生産性を向上させるためには,オートサンプラーの技術をもっと改良できるのではないでしょうか?生産性における更なる改善のための操作インターフェースの拡張のために,私たちは喜んでソフトウエアエンジニアの方へのフィードバックをさせていただきます。

“Wish list”があれば教えてください。

私たちのラボに島津のTOC-Lを導入したいと考えています。また,私たちの顧客に提案するためのOEMパッケージの一部として正浸透プラットフォームのための4200プロセスアナライザー(オンラインTOC計)に興味を持っています。

島津製作所についてどのような印象を持っておられますか?

優れた顧客サービス,良く知られた企業,定評がある,というイメージです。

どうもありがとうございました。

(*)ICPE-9000はさらに性能向上を図り,後継機 ICPE-9800 を2014年10月に発売しました。

インタビュアコメント

ICPE-9000

ICPE-9000は,ランニングコストを低く抑えながらも,高速測定,高分解能,長期間にわたる安定した感度を実現するためにデザインされたICPE発光分析装置です。Oasys Water Systems様からの,生産性とスループットの重要性に関するフィードバックは,更なる改善と機能向上に役立つものであると確信しています。

Shimadzu Scientific Instruments (SSI)

Shimadzu Scientific Instruments (SSI) は島津製作所のアメリカ支社です。1975年にSSIの本社が,ノース,セントラル,サウスアメリカの幅広い範囲のラボに分析ソリューションを提供するために,メリーランドのコロンビアに設立されました。アメリカ合衆国では,SSIは50か所以上のローカルセールス,サービス,テクニカルサポート拠点を持っています。

Top of This Page