EDX-7000/8000/8100

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 EDX-7000/8000/8100

↑画像をクリックすると製品紹介動画をご覧になれます。

蛍光X線分析法の原理・特長

ボーアモデルで表した電子の軌道と蛍光X線発生の原理
ボーアモデルで表した電子の軌道と蛍光X線発生の原理

蛍光X線の発生原理

試料にX線管からのX線を照射すると,試料に含まれる原子から固有のX線が発生し試料外に放出されます。このX線は蛍光X線と呼ばれ,各元素特有の波長(エネルギー)をもっています。したがって,このX線の波長を調べることにより定性分析ができます。また,蛍光X線の強度は濃度の関数となりますので,元素特有の波長ごとにX線量を測定すれば定量分析をおこなうことができます。

あらゆる分野の多種多様なアプリケーションに対応

■ 電気・電子

・RoHS指令,ハロゲンフリーなどのスクリーニング分析
・半導体,ディスク,液晶,太陽電池などの各種薄膜分析

■ 自動車・機械

・ELV指令対応のスクリーニング分析
・各種機械部品の組成分析およびめっき膜厚,化成皮膜付着量の測定

■ 鉄鋼・非鉄

・原材料,合金,はんだ,貴金属の主成分,不純物の分析
・スラグの組成分析

■ 鉱業

・選鉱工程における品位判別分析

■ 窯業

・セラミックス,セメント,ガラス,レンガ,粘土の分析

■ 石油・石油化学

・オイル中の硫黄の分析
・潤滑油中の各種添加元素および混入元素の分析

■ 化学工業

・無機・有機原料および製品分析
・触媒,顔料,塗料,ゴム,プラスチックの分析

■ 環境

・土壌,排水,焼却灰,フィルタ,PM2. 5などの組成分析

■ 医薬

・合成時の残留触媒分析
・原薬中の不純物分析,異物分析

■ 農業・食品

・土壌,肥料,植物の分析
・食品の原材料分析,添加元素の管理,混入異物の分析

■ その他

・考古学試料や宝石の成分分析,玩具・日用品中の有害重金属測定など

設計されたデザイン

460mm幅のコンパクトサイズで,大型試料室を採用

460mm幅のコンパクトなボディサイズで,設置幅を従来機種より20%削減しました。
またボディサイズはコンパクトでも,最大300(W)×275(D)×約100(H)mmまでの大型試料をセットできます。

設計されたデザイン
視認性の高いLED表示灯

視認性の高いLED表示灯

X線発生時は装置後部のX線表示灯と前面のX-RAYS ONランプが点灯します。分析中はX線表示灯の両側が青く点灯し,離れた場所からでも装置状態がひと目でわかるようになっています。

「はじめまして。」で使えるソフト PCEDX Navi

PCEDX Navi

蛍光X線分析をより身近なものとするために生まれたのが簡単分析ソフトウェア PCEDX Naviです。
直感的な操作を可能にするシンプルかつ洗練された画面は,初心者からエキスパートまですべての方に快適な操作環境をもたらします。

測定準備画面

効率のよい分析準備のための機能
●シンプルな画面構成
1画面内で試料画像の表示,分析条件の選択,試料名入力がおこなえます。

●測定画面でコリメータ切替えが可能
試料画像を見ながら,コリメータ径の変更がおこなえます。
また,選択した径が黄色のサークルで表示されます。

●試料画像を自動保存
測定開始時に試料画像を自動で取り込み,データファイルと関連付けて保存します。

分析結果表示画面


確認したいデータがすぐに見つけられる視認性の高い分析結果表示
●最初に知りたいデータをわかりやすくレイアウト
測定が終了すると,試料画像と共に,元素名,濃度,3σ(測定のばらつき)がわかりやすいレイアウトで表示されます。

●分析レポートもワンクリックで表示
ワンクリックで「分析結果一覧」や「報告書」が表示されます。

ターレット使用時の測定準備画面(試料位置確認時)
ターレット使用時の測定準備画面(試料位置確認時)

連続分析にも対応
ターレット(オプション)を使用する測定にもPCEDX Naviは対応します。
試料画像確認画面と試料位置確認画面を切り替え可能です。

EDX-7000/8000のご紹介(動画)

Top of This Page