におい分析

におい分析は,多面的に測定することが必要になってきます。 島津製作所は,お客様の分析ニーズに合った装置をご提案させていただきます。

→ においを科学的に測る(におい分析について)

GC/GCMS におい成分の量を測定します。
におい嗅ぎGC/GCMSシステム 成分量とにおい強度を測定し,においと成分を関連づけます。
におい識別装置 においの強度と質を分かりやすく数値化し,においを位置づけます。
脳機能イメージング装置 においによる脳活動の変化をイメージ画像化します。

におい嗅ぎGC/GCMSシステムとにおい識別装置の違いは?
どちらも嗅覚感覚量を求めるものですが,におい嗅ぎGC/GCMSシステムは嗅覚を利用するのに対して,におい識別装置は,装置だけで求めます。また,におい嗅ぎGC/GCMSシステムは,成分ごとの嗅覚感覚量を調べるのが得意ですが,におい識別装置は,すべての成分の総和の嗅覚感覚量を求めるのが得意な装置となります。

サポート情報

プロダクトラインナップ

におい識別装置 FF-2020

におい識別装置FF-2020は,人間の官能評価と同じように,においの「質」と「強さ」を表現できる装置です。においの強さや質を数値化することにより,客観的な評価ができるようになります。希釈混合装置「FD...

におい嗅ぎGC/GCMSシステム

におい嗅ぎGC/GCMSシステムは,クロマト分離後の試料のにおいを分析者自身が鼻で嗅ぎ,においを検出し,同定するためのシステムです。食品の異臭分析や,香気化合物の探索,悪臭の原因物質分析などに有効です...

近赤外光脳機能イメージング装置 LABNIRS

近赤外光脳機能イメージング装置(fNIRS)は,生体に安全な近赤外光を用いて,大脳皮質の神経活動に伴い変化するヘモグロビンの相対的変化量を計測し,リアルタイムにトレンドグラフおよび画像を表示することができます。

アクセサリー / コンポーネント

分野別アプリケーション例

●分野別にアプリケーション例をまとめています。

におい分析について

においを科学的に測る

Q. においの感じ方は,人によって異なるので,客観的なアプローチはできないのでは?

A. いいえ。一見,客観性がないように見えるにおいも,順を追って科学的に考えていくと,より客観的に理解できます。

嗅覚でにおいを嗅いだときの初期の応答は,下図で嗅覚感覚量として記載されていますが,これは個人差が少ないといわれています。 通常は,この嗅覚感覚量に,過去のにおいの記憶や個人的な嗜好が加わり,主観的感覚量として認知されますが,それには個人差があります

においの3側面
 
 
 
GC ガスクロマトグラフ GCMS ガスクロマトグラフ質量分析計 におい嗅ぎシステム におい識別装置 脳機能イメージング装置

でも,においの問題は,『嫌なにおいが少し混ざってる』のように,主観的感覚量が対象では・・・?

タバコ臭の容認率

右図は,喫煙者と非喫煙者のタバコ臭のにおいの強さに対する非容認率ですが,非容認率のように主観的感覚量であっても,横軸を嗅覚感覚量である臭気指数で整理すると,確かに非容認率は,人によって(ここでは,喫煙者か非喫煙者か)異なりますが,分かりやすく整理することができます。

嗅覚感覚量は客観性も高く,それを利用すれば,主観的感覚量を説明しやすいことから嗅覚感覚量を上手く求めることが,におい分析の鍵となります。

それでは,成分量と嗅覚感覚量との関係は?

下図は,典型的なにおい物質の濃度とにおいの強さの関係です。通常においの強さは濃度の対数に比例*)します。
しかし,検知閾値(嗅覚で感じる最低濃度)は,下図に示すように,物質により大きく異なり,この閾値データは約40万種あるにおい物質のうち,300種程度しか公表されていません。

そこで,未知のにおい物質のにおいの強さとにおい質を求めるために,におい嗅ぎGC/GCMSシステムが必要になってきます。


におい嗅ぎGC/GCMSシステム

*) ウエーバーフェヒナーの法則

物質濃度と官能値

Top of This Page