FF-2020

におい識別装置

におい識別装置FF-2020は,人間の官能評価と同じように,においの「質」と「強さ」を表現できる装置です。においの強さや質を数値化することにより,客観的な評価ができるようになります。
希釈混合装置「 FDL-1 」やアロライトボンベスタンドと組み合わせたFF-2020 Sシステム(以後,Sシステムと記述)は,測定や解析の設定が簡単に行えるウィザード機能や,自動基準ガス検量線作成機能,自動測定ガス濃度調整機能,自動クリーニング機構などを搭載しており,初めてお使いいただく方でも簡単に安定した結果が得られるようになっています。

におい識別装置 FF-2020

FF-2020 Sシステム

主な用途

食品分野
食品の風味変化の定量化(賞味期限の設定)
異臭混入時の原因推定
商品間のかおり差別化
嗅覚のにおい差判定閾値の比較
化学・機械・環境分野
化学製品や原料の品質管理や良品不良品の判別
脱臭や消臭機能をもつ素材や装置の効果の評価
室内や車内など居住空間の臭気評価
土壌,工場排ガスや排水,大気環境の臭気評価
悪臭による不快度の表現


島津製作所は,におい分析に関する様々な装置をご用意しています。  → 詳しくは,こちら(においを科学的に測る)

においを測定する

難しそうに思えるにおい測定ですが,FF-2020なら簡単ににおいを数値化することができます。
 →  実際の測定の流れをご紹介

希釈混合装置 FDL-1 を使うと,官能評価も系統的に行え,その結果をFF-2020の結果に反映できます。
 →  自動嗅覚におい差判定機能のご紹介

においの表現:偏位臭マップ,絶対値表現解析,主成分分析とは?

FF-2020は,3つの”においの表現方法”を採用しており,におい識別する目的によって使い分けることができます。 においを表現する「偏位臭マップ法」,「絶対値表現解析」,「主成分分析(多変量解析)」の原理についてご説明します。
 →  詳しいご説明はこちら

運用例

におい識別装置の運用例をご紹介します。どういった分野で活躍できる装置なのか?実際の測定例を示しながらご紹介します。
得られた結果から何がわかるのか?(においの変化が何を意味しているのか?)がわかります。
 →  食品分野における運用例のご紹介
 →  化学・機械・環境分野における運用例のご紹介

システム構成・仕様

全ての解析ソフトウェアや自動化機能が利用できるFF-2020 Sシステムを始め,嗅覚におい差判定を行うためのFセットなど,フレキシブルなシステム構成が可能です。お客様のニーズに合ったシステムを選んでいただけます。
 →  システム構成・仕様の詳細

Top of This Page