ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)

Smart Pesticides Database GC/MS残留農薬分析用データベース
GC/MS代謝成分データベース Ver.2
ヘッドスペースサンプラ HS-20シリーズ

プロダクトラインナップ

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-TQ8040

トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-TQ8040

優れた生産性を実現する「Smart Productivity」,メソッド作成をサポートする「Smart Operation」,高感度・高速分析を可能にする「Smart Performance」。3つの...

GCMS-QP2010 Ultra ハイエンドモデル

GCMS-QP2010 Ultra ハイエンドモデル

GCMS-QP2010 Ultraは,クラス最高のスキャン速度を実現し,Fast-GC/MSやGCxGC/MS分析への適用性を高めました。 また,分析業務の効率化や環境負荷低減に貢献します。

GCMS-QP2010 SE エントリーモデル

GCMS-QP2010 SE エントリーモデル

GCMS-QP2010 SEは,GCMS-QP2010シリーズの使い易さをそのままに,多彩な機能を搭載しました。更なる進化をとげたコストパフォーマンスモデルです。

GCMSsolution ワークステーション

GCMSsolution ワークステーション

島津ガスクロマトグラフ質量分析計用ワークステーションソフトウェアです。初心者にも確実な操作をナビゲートします。

プロファイリング解析用ソフトウェア Profiling Solution

プロファイリング解析用ソフトウェア Profiling Solution

プロファイリング手法は多くの検体と化合物に由来する大量のデータファイルを迅速に処理することが可能な手法であり,代謝経路や代謝調整機構の解明といった学術研究用途だけではなく,医薬,食品,環境,品質管理な

応用システム

各種ライブラリ・データベース

新しい流路制御技術を用いたキャピラリ分析システム アドバンストフローテクノロジー

アクセサリー / コンポーネント



ガスクロマトグラフ質量分析計とは

ガスクロマトグラフ質量分析計(Gas Chromatograph Mass Spectrometer :GCMS, GC/MS, GC-MS)は,ガスクロマトグラフ(GC)と質量分析計(MS;マス)が一体化した分析装置です。 口語では"ガスマス"と省略されることもあります。 GCとMSの結合は20世紀中頃にHolmesによって初めて試みられました。   GC-MS原理説明:環境試料や食品試料中には多くの有機化合物が混在していますが,この試料をGC部のカラムと呼ばれる細い分離管に通すことで,化合物を分離して複数のピークとして出現させます。 MS部では質量スペクトルを測定することにより,その分離されたピークがどのような化合物であるか(定性)を見極めることができます。 そしてピークの面積を標準物質と比較することにより定量を行うことができます。 また質量(質量電荷比)を選択して検出が行えることから,高感度測定が可能です。  GC-MSはこのような原理上の特長を備えることにより,環境,電子/半導体,化学,医薬,食品,残留農薬,生命科学など,あらゆる分野で微量成分の測定に用いられています。

分野別アプリケーション例

予算申請用カタログ

A bridge with our customers

装置管理情報(会員制サイト)

UFMS Special Site

製造終了製品の検索

トップ