PPSQ-51A/53A

プロテインシーケンサ

アミノ酸配列の決定をより簡単・確実に
FDA21CFR Part11 に準拠

PPSQ-51A/53A

特長

PPSQ-50シリーズは,エドマン反応部,エドマン反応より生成されたPTH-アミノ酸を分析する高速液体クロマトグラフ(HPLC),制御・データ処理部(パソコン)とから構成されています。(サンプルインジェクタおよび分析カラムは,エドマン反応部に内蔵)
PPSQ-51AおよびPPSQ-53Aは,エドマン反応部であるリアクタを搭載している個数が異なり,1つのリアクタを搭載しているタイプがPPSQ-51A,3つのリアクタを搭載しているタイプがPPSQ-53Aになります。PPSQ-53Aは,複数のリアクタに搭載したサンプルを1つずつ,連続でアミノ酸配列分析を行うことが可能です。エドマン反応部でエドマン分解を繰り返し,タンパク質・ペプチドのN末端から順にアミノ酸を切断し,安定なPTH-アミノ酸誘導体を生成します。
さらにオンラインでHPLCに注入し,分析を行います。HPLCデータ(クロマトグラム)は,パソコンに保存され,PPSQ-50データ処理ソフトを用いて,得られたクロマトグラムの処理およびアミノ酸配列推定ソフトを用いてアミノ酸の同定,配列推定が行われます。廃液も少なく環境にやさしいエコ設計になっています。

 ● アイソクラティックモードのHPLC分析によるPTH-アミノ酸分析
取扱が簡便,そして低いバックグラウンドと再現性の高い溶出時間を実現します。
 ● アミノ酸の切断試薬(トリフルオロ酢酸)を気相で供給
支持体からのサンプル流出を抑制します。
 ● 使いやすいクロマトグラム処理とデータ解析機能
差クロマトグラム機能や,自動で配列推定するソフトウエアがアミノ酸配列決定を容易にします。

Top of This Page