STABLO AP

イオナイザ(除電器)

イオナイザSTABLO AP は,高圧の交流コロナ放電方式の採用により,無風で1 秒の高速除電*1 を実現しました。また,交流方式により1 本の放電針から+イオンと-イオンを等しく照射することにより,除電したサンプルを逆帯電させることなく長期間にわたり安定して除電(イオンバランス±10V 以下*2)できます。イオン照射のための風を必要としないので,粉末サンプルを飛散させることがなく,異物の混入(コンタミネーション)を起こしません。標準付属のスタンドを利用した固定使用,手に持って自由に移動できるハンディ使用が行える2-way 方式で,天びん計量以外でもサンプルや容器の除電にご使用いただけます。

*1:放電針から距離100mm で,±1000V の帯電状態から±100V までの除電時間(工場出荷時)。
*2:放電針から距離100mm で,±1000V の帯電状態から±100V までの除電した後の帯電量(工場出荷時)。

従来品STABLO-EXの情報はこちら

特長

■高速除電

交流コロナ放電方式

高圧の交流コロナ放電方式の採用により、無風で1秒での高速除電を実現しました。
無風なので、粉末サンプルを飛散させることもありません。サンプルが飛散しないので、天びんのひょう量室内で使用してもコンタミの心配がありません。

安定したイオンバランス

交流(AC)方式により、サンプルを逆帯電させることなくイオンバランス±10V以下を実現しました。放電針に交流電圧をかけて1本の電極から+イオンと-イオンを等量出す方式です。直流(DC)方式に比べて、逆帯電せず、長期にわたり安心して使用できます。

※直流(DC)放電方式:2本の電極に+と-その直流電圧をかけてそれぞれのイオンを放出する方式です。電極が離れていると除電範囲に制限があります。また放電針が劣化するとイオンバランスが悪くなります。

イオンバランスが悪いと…

目的に合わせた使用方法

スタンド方式の使用
帯電しやすいサンプルを除電し、容器への付着やサンプルを飛散させずに容器へ分取できます。
そのため計量前にサンプルを除電することにより、信頼性の高い計量が可能となります。

イオンバランスのよいAC方式

ハンディ方式の使用
計量中のサンプルの静電気を除電できます。
静電気が気になる箇所へ自由に移動して除電できます。

<仕様>

主な仕様
除電方法 交流コロナ放電
イオンバランス (*1) ±10V
除電範囲 距離(吹出口から): 約50mm~400mm
除電時間 (*2) 1秒
オゾン濃度 0.06PPM以下(吹出口から150mm中央)
放電電極(材質)

タングステン,寿命約30,000時間

使用環境 0℃~40℃, 25%~85%RH以下 (結露なきこと)
定格電源 DC 24V, 1.0A
入力電源 (ACアダプタ) AC 100V, 0.58A, 50 - 60 Hz
汚染クラス 2
過電圧カテゴリー II
高度 2000m まで
重さ 約710g (イオナイザ本体:約395g、スタンド:約315g)
本体大きさ 約 124 x 87 x 49 mm

*1 吹出口中央から距離100mm CPM(チャージドプレートモニター)150×150 mm プレート20pFで測定した時の代表値です。(工場出荷時)
*2 放電針から距離100mmで,±1000Vの帯電状態から±100Vまでの除電時間。(工場出荷時)

<寸法>

寸法図
(単位:mm)
外観および仕様は改良のため,予告なく変更することがありますのでご了承ください。

Top of This Page