足まわり・動力伝達系関連

タイヤゴムの分析/GCMS

タイヤゴムをダブルショット法により分析しました。50℃から500℃まで一定の温度にて発生ガス分析(EGA)を行いますと2つのピークが検出されました。(図1)
前半が揮発成分,後半が基質ポリマーです。
通常の瞬間熱分解法ではこれらの成分が同時に出現し,定性を困難なものとします。この発生ガス曲線(EGA 曲線)をもとに,1段目の熱脱着条件を300℃(30sec)とし,2段目の瞬間熱分解法の条件を550℃といたしました。(図2)
タイヤゴムには多くの添加剤が使用されています。 
これらの成分を定性するにはEGA分析法と瞬間熱分解法を組合わせれば容易に解析が可能となります。

図1:ゴムの発生ガス曲線

図2:熱脱着クロマトグラム(300℃/30sec)

GCMS-QP2010Plus  PY2020Di

熱分解GCMSシステム

プラスチック,ゴム,樹脂などの高分子化合物を500℃以上の温度で熱分解し,得られる熱分解生成物をGCMSで分析するシステムです。
これらの生成物は元の高分子化合物の構造を反映していますので,それらから高分子の同定や,より高次な構造解析ができます。またデータベース検索ソフトが同定を支援します。

違いを見分ける科学 -多変量解析による分析事例- 

自動車

トップ