UVProbe

多機能なUV制御ソフト

豊富なデータ処理機能

スペクトル測定

スペクトル画面例

 複数スペクトルデータの比較やスペクトルの拡大/縮小,スペクトル画面上へのコメント追記が行えます。 また,ピーク(λmax)/谷(λmin)検出,面積計算,1次~4次微分,平滑化,逆数,平方根,対数,Abs.%T変換,指数変換,クベルカムンク変換,アンサンブル平均,補間処理,四則演算(スペクトル同士,スペクトルと係数) などが行えます。

フォトメトリック(定量)モード

フォトメトリック画面例

 単波長,複数波長(1波長,2波長,3波長法含む),スペクトル(指定波長域におけるピーク,最大値,面積など使用可)による定量が行えます。 また,多点検量線法(1次,2次,3次関数フィッティング,原点通過指定可)や,ユーザ定義関数によるフォトメトリック処理(+,-,×,÷,Log,Expなどの関数並びに係数の組み込み可) を用いることができます。 補正は,重量補正,希釈率補正など試料毎の係数が使用できます。 また,指定時間間隔の繰り返し測定,データ平均,任意判定式による測定結果の合否判定が行えます。

カイネティックス(タイムコース)モード

カイネティクス画面例

 2波長における測光値の時間変化を測定(タイムコース測定)できます。 複数のタイムコースデータの比較/相互処理,記録も可能です。 また,酵素活性値計算(シングルセル,マルチセル対応),ミカエリスメンテン定数計算並びにグラフ作成(Michaelis-Menten,lineeweaber-Burk,Hanes,Woolf,Eadie-Hofstee,Hillの各プロットに対応),測定中における試薬添加などのイベント記録なども行えます。

Top of This Page