UV-3600 Plus

高感度・高分解の紫外可視近赤外分光光度計

電機・電子・光学,食品,建築,化学,医薬・化粧品・ライフサイエンス,繊維など,幅広い分野で応用できます。
新たに開発された付属品を使ったアプリケーションをご紹介します。

レンズの透過率測定

携帯電話,デジタルカメラ,防犯カメラなど撮影を行う機器には必ずレンズがついています。レンズの性能を決める要因のひとつは,レンズの透過率です。しかしレンズそのものが集光するため測定は容易ではありません。下図は,レンズを測定した結果です。 レンズを測定する場合,ベーライン補正時と試料測定時で光の様子が異なるため積分球が必要となります。また積分球は,集光後の光が後方の標準白板以外の積分球内面にも照射されます。BIS-603に付属している透過型積分球を用いることで測定誤差を小さくすることができます。 またマルチパーパス大型試料室MPC-603に標準で搭載されているVステージを用いるとさまざまな大きさ,長さのレンズの透過測定が可能です。 MPC-603とBIS-603の組み合わせはレンズの測定に最適な装置です。

レンズの透過率測定

測定に用いたオプション

マルチパーパス大型試料室 MPC-603

マルチパーパス大型試料室 MPC-603

各種形状の試料を透過も反射も自在に測定できる多目的試料室です。固体試料の正確な測定のため積分球を内蔵しています。積分球まわりの試料スペースも充分広いので超大形の試料にも適用できます。

積分球試料台セット BIS-603

試料台と積分球をセットしたもので,MPC-603に絶対反射率測定装置を取り付けるのに必要な付属品です。

バンドギャップ計算

太陽電池材料,光触媒材料の物性研究においては基本的な物性量であるバンドギャップ(禁制帯幅)の測定がよく行われます。積分球ISR-603を用いて,太陽電池用材料として使用される3種類の化合物半導体(赤線:CuGaSe2,青線:CuIn0.5Ga0.5Se2,黒線:CuInSe2)の拡散反射スペクトルを測定しました。試料によって吸収端(反射率の低下している波長)が異なることがわかります。この違いが試料におけるバンドギャップの違いを表しています。本試料は龍谷大学理工学部 和田研究室よりご提供いただきました。
Tauc法を用いて本試料のバンドギャップを計算した結果,CuGaSe2(赤線),Culn0.5Ga0.5Se2(青線),CuInSe2(黒線)のバンドギャップはそれぞれ1.63 eV,1.27eV,0.99eVと求まりました。

※バンドギャップとは電子の充満した価電子帯の最上部と電子の存在しない伝導帯の最下部との間のエネルギー差を指します。
UV-3600 Plusの広い測定波長範囲はバンドギャップ計算に有効です。

バンドギャップ計算
資料名 バンドギャップEg値
CuGaSe2 1.63 eV(757nm)
Culn0.5Ga0.5Se2 1.27eV(977nm)
CuInSe2 0.99eV(1253nm)

測定に用いたオプション

バンドギャップ計算エクセルマクロ

バンドギャップ計算エクセルマクロ

積分球付属装置 ISR-603

積分球付属装置 ISR-603

固体試料の拡散/鏡面反射の測定,および液体試料,固体試料の透過測定に使用します。

太陽電池用型ガラスの透過率測定

太陽電池用型ガラスの透過率測定

太陽電池用型ガラスは,表面に凹凸の突起のあるガラスです。このような試料を小さな積分球で透過率を測定すると,検出器の切り替え波長で大きな段差が発生することがあり,正しい透過率を求めることができません。150mmøの大型積分球ISR-1503で太陽電池用型ガラスを測定しました。光に対して試料面が垂直の状態で,時計のように回して測定したところ,回転角0°,45°,90°でほぼ一致し,段差も非常に小さいスペクトルが得られました。
太陽電池用型ガラス以外にも,散乱を起こす特殊な繊維の測定にも有用です。

測定に用いたオプション

大型積分球付属装置 ISR-1503/ISR-1503F

150mm大型積分球 ISR-1503

粉体,紙,布地などの固体試料の反射スペクトル測定および溶液試料,固体試料の透過スペクトル測定に使用する,150mmøの大型積分球です。試料の表面状態などに影響されない安定した測定が可能で,表面に凹凸のあるガラス板の測定や,低開口率が必要なJIS/ISO/ASTMなどで規定されている測定に最適です。
ISR-1503Fはスペクトラロン型積分球。水分の吸収の影響を受けないので近赤外領域での高感度測定が可能です。

Top of This Page