UV-1900

紫外可視分光光度計

多様な測定モード

多様な測定モード

1.フォトメトリック

1.フォトメトリック

1波長もしくは多波長(最大8波長)での測光値を測定します。
 
 
 
2.スペクトル

2.スペクトル

波長スキャンで試料のスペクトルを測定します。
3.定量

3.定量

標準試料から検量線を作成して未知試料の濃度を算出します。
4.カイネティクス

4.カイネティクス

吸光度の時間変化を測定し,その変化率から酵素の活性値を求めます。カイネティクス測定,もしくはレート測定が選択できます。
5.タイムコース

5.タイムコース

指定波長における測光値の経時変化を測定します。
6.バイオメソッド

6.バイオメソッド

DNAあるいはたんぱく質の濃度を定量します。
UV-1900トップページへ
 

Top of This Page