UV-1900

紫外可視分光光度計

アプリケーション

食品

食品

各色素水溶液の吸収スペクトル

食用色素の分析事例です。超高速スキャンモードを行うことで,日々のスペクトルチェックの時間が短縮できます。例えば350~900 nmの領域を1 nm間隔で測定しても,約4秒で完了します。

医薬/ライフサイエンス

λDNAの分析事例です。NanoStickやTrayCell™と組み合わせることで微量(数 μl)での測定が可能です。
TrayCellを利用して,4 μlのλDNAを500~25 μlまで正確に検量線が得られました。

TrayCell
TrayCell

医薬/ライフサイエンス
NanoStick

医薬/ライフサイエンス

化学

カラーセロハンの分析事例です。LabSolutions UV-Visとカラーソフトウェアを用いることで,今まで目視で確認していたものを,定量的に確認することができます。

カラーセロハンの透過スペクトル

XYZ表色系の色度図

Top of This Page