UV-1280用システムプログラム Ver.2.02 ダウンロード

UV-1280では、ユーザーご自身でシステムプログラムを更新していただくことが可能です。更新の際には、システムプログラムをコピーしたUSBメモリをご用意していただく必要があります。

  • インストール作業終了時には,お客様が日常使用されている機器管理記録に,本作業の結果を記録してください。 なお,インストール作業に関係する問題が発生した場合の対処をお客様責任で行えない場合は,本作業は当社フィールドエンジニアにご依頼ください(有償)。
  • このシステムプログラムは,UV-1280本体のシステムプログラムバージョンが2.00以上の場合にお使いいただくことができます。

システムプログラム

uv1280.zip:ZIP形式圧縮ファイル 888kB
→  システムプログラムダウンロードPageへ

制限事項及び注意事項

  1. インストールするためにはUSBメモリが必要です。

システムプログラムの更新方法

1 システムプログラムのダウンロード

1) 上記のリンクからシステムプログラムの圧縮ファイル(uv1280.zip)をダウンロードしてください。 ダウンロードするフォルダはどこでもかまいません。
2) ダウンロードファイルは,ZIP形式の圧縮ファイルとなっています。 圧縮ファイル解凍ソフトで解凍してください。 システムプログラム(UV1280.ROM)が展開されます。

注)ダウンロード時,Aで始まる12ケタのSERIAL NO.の入力が必要です。
 SERIAL NO.は,本体背面右下のラベルに記載されています。

2 USB メモリの準備

1) USB メモリを用意し,ドライブ直下にシステムプログラム(UV1280.ROM)を保存します。

注)システムプログラムのファイルはUSBメモリの直下においてください。それ以外の場所に置かれますと、正しく更新が行えません。
また、ファイル名は変更しないようにしてください。ファイル名を変更されますと正しく更新が行えません。

3 システムプログラムの変更手順

1) 装置背面のUSBコネクタに、システムプログラムが入ったUSBメモリを挿入します。
2) 装置の電源を入れます。
3) [装置の保守/点検]の画面へ移動します。
4) [装置の保守/点検]の画面で、(5)[システムプログラムの更新]キーを押してください。
5) 「システムプログラムを更新します。よろしいですか?」というメッセージが表示されるので、カーソルキーで「はい」を選択して[ENTER]キーを押してください。
6) 「アップデートを完了しました。何か押すと、UV-1280が再起動します。」というメッセージが表示されるので、何か適当なキーを押してください。キーを押して数秒すると、初期化設定画面が表示され装置が再初期化されます。
7) 初期化設定画面の右下にシステムプログラムのバージョンが表示されるので、更新後のバージョンになっていることを確認してください。
システムプログラムのバージョン
初期化設定画面
8)

再初期化が終了すると、モード選択画面が表示されます。


以上で更新完了です。

Top of This Page