SolidSpec-3700/3700DUV

深紫外から近赤外域まで高感度測定が可能

高感度 -3検出器を搭載-

光電子増倍管と冷却PbS検出器に加えてInGaAs検出器を装備

光学部品関係では,精度の高い透過率および反射率の測定が必要となります。 SolidSpec-3700/3700DUVでは,紫外から近赤外領域までを3つの検出器でカバーしています。
特にInGaAs検出器と冷却PbS検出器を採用することにより,近赤外領域での感度を高めました。

InGaAs検出器は光電子増倍管と冷却PbS検出器の間を補償します

 これまでの分光光度計では紫外-可視領域には PMT(光電子増倍管),近赤外領域には PbS検出器が使用されていましたが,900nm付近では両検出器とも感度が不足し高感度測定が困難でした。 一方SolidSpecではこの切り替え領域で感度の高い InGaAs検出器を採用することにより近赤外領域での高感度測定が可能となりました。

近赤外領域での高感度測定

下図は積分球を使用して,SolidSpec-3700/3700DUVと従来機(PMT+PbS検出器)とで測定した,近赤外用シャープカットフィルタの透過スペクトルです。 SolidSpec-3700/3700DUVは850~1600nmの領域でノイズが小さく,特に下図のように1300~1600nm領域を従来機と比較するとノイズは約1/4に低減しています。
SolidSpec-3700/3700DUVは,1300~1500nmの波長域で,1%以下透過率で0.1%以内のノイズレベルを達成しました。 この領域の高感度化は,光通信分野で利用されるAR(反射防止)コートの低反射率測定で威力を発揮します。 また1500nmでのノイズは積分球使用時 0.05mAbs以下 (スリット8nm,RMS),直接受光ユニット(オプション) 使用時 0.03mAbs以下 (スリット2nm,RMS) と低ノイズです。

SolidSpaecは近赤外で従来機より4倍高感度

Top of This Page