未分離ピークを分離するアルゴリズム ー i-PDeAII

 

HPLCを用いて定量するためには、対象成分とその他の成分を分離する必要がありますが、同一分子量の構造異性体を分離は困難なケースが多いです。
フォトダイオードアレイ型検出器(PDA)のデータを島津が開発した独自のアルゴリズム:iPDeA-IIにより、合成ポリマーと添加剤のGPC同時分析や超高速分析において未分離ピークを分離・定量した例をご紹介いたします。

 

関連製品


Nexeraシリーズ

Nexeraシリーズ

Intelligence、Efficiency、Designのすべてが新たな業界標準となるUHPLC。
それが新しいNexeraシリーズです。

 

お問い合わせはこちら

Top of This Page

お問い合わせ