GC/MS異臭分析システムを用いた異臭クレーム品への新たなアプローチ

アプリケーションニュース

異臭の原因物質を特定するには,単にGC/MSで分析するだけではなく,異臭分析の経験や知識が必要です。GC/MS異臭分析システムは,分析に必要なパラメータと主要な異臭原因物質の情報(においの質,臭気閾値など)が登録されたデータベースで構成されるシステムであり,異臭分析の知識や経験を持たない作業者でも簡単に異臭分析を行えます。
ここでは,異臭のクレームがあった包装食品をGC/MS異臭分析システムを用いて測定し、正常品と異臭品の比較結果から異臭の原因物質の候補を4成分に絞り込むことができました。また,GC/MS異臭分析システムに登録されているにおいの質を用いて,におい嗅ぎ装置で確認したところ,異臭の原因物質が2,4,6-トリクロロアニソールであることを特定することができました。
さらに,異臭が発生した原因を推定するために,パッケージと食品の部位ごとに分けて測定し,2,4,6-トリクロロアニソールの濃度を比較したところ,パッケージに2,4,6-トリクロロア ニソールが高濃度に含まれており,パッケージに2,4,6-トリクロロアニソールが付着したことが原因であると推定することができました。 GC/MS異臭分析システムを用いることにより,異臭分析の知識や経験を持たない作業者でも,容易に異臭の原因物質を特定できるため,食品や容器包装などの異臭クレーム品の原因調査などに適用が期待されます。

ダウンロード 

 

関連製品

ガスクロマトグラフ質量分析計GCMS-2020 NX製品ページ

ガスクロマトグラフ質量分析計GCMS-QP2020 NX 製品詳細

Top of This Page