食品・飲料の品質評価および産地判別​

Nexis™ SCD-2030 を用いたビール中の揮発性硫黄化合物の高感度分析

テクニカルレポート

ビール中の揮発性硫黄化合物は製造工程,製造後の保存方法等により生成され,ビールの風味に影響を及ぼします。また,品質を悪化させるオフフレーバの原因成分となることも あります。しかし硫黄化合物は非常に閾値が低く低濃度でも品質に影響を与えるため、濃縮等の前処理や高感度分析が必要となります。
ここでは,硫黄化合物の選択的検出器である化学発光硫黄検出器(SCD)およびヘッドスペースサンプラを用いて,市販の3 種類のビール中の揮発性硫黄化合物の分析を行いました。

ダウンロード 

 

食品中におい成分と代謝成分の網羅測定による品質評価法の検討

 

テクニカルレポート

食品の品質評価の方法は,その食品種/調査目的によってきわめて多岐にわたりますが,昨今では食品中に含まれる成分を網羅的に分析したのち,多変量解析を行うことで対象食品の傾向を探る評価も広く行われるようになりました。 中でも,食品中のにおい成分と代謝成分を網羅的に測定し,それらの結果を組み合わせて風味/機能性/劣化などの指標とすることを目的とした研究は盛んに行われています。 ここでは,日本酒をサンプルとしてそのにおい成分と食品中代謝成分を測定し,それぞれ識別が可能かどうかを検討した実験結果を紹介します。

ダウンロード 

 

Smart Metabolites Database™ による農作物の産地判別

テクニカルレポート

農作物の産地偽装は農業・食品業界における普遍的な課題であり,今日まで産地判別のためのさまざまな手法が開発されてきました。ここでは,親水性の代謝物377成分を同時測定できるSmart Metabolites Database を用いて,国産および外国産のアスパラガス計106サンプル中の代謝物を測定し,国産と外国産を判別するモデルを作成し,約90%の精度で判別できることを確認しました。

ダウンロード 

 

関連製品

Nexis SCD-2030 製品ページ

世界中のラボが抱えていた不満を解消するべく開発したのが,次世代の化学発光硫黄検出システム,Nexis™ SCD-2030です。飛躍的に高まった感度と安定性,優れたメンテナンス性と業界初の自動化機能が,ラボの生産性を向上させます。

詳細を見る

Top of This Page