SPFおよび抗生剤投与マウス糞便試料中の 短鎖脂肪酸・有機酸(3-NPH 誘導体)分析

アプリケーションニュース

腸内細菌は難消化性糖類を主なエネルギー源として,酢酸・プロピオン酸・酪酸といったいわゆる短鎖脂肪酸を産生しています。近年,この短鎖脂肪酸が体内に吸収されることで自己免疫疾患 や肥満・糖尿病をはじめとする生活習慣病と関連していることが報告されており,短鎖脂肪酸と疾患との関連を理解するために,また腸内細菌と宿主体との代謝活動をより深く理解するためにも,短鎖脂肪酸の定量分析への要望が高まっています。

一般に短鎖脂肪酸は揮発性が高く,親水性も高いため,通常の逆相系でのLC/MS 分析は困難です。また一般的なGC/MS法で広く使われている誘導体化法では,試料を乾固させる必要があり,揮発成分を失う可能性があります。そこで水溶液中での誘導体化による分析が実施されており ,本稿ではカルボン酸を3-ニトロフェニルヒドラジン(3-NPH)で誘導体化することにより,C2~C5 の短鎖脂肪酸(6成分)と乳酸,ピルビン酸,コハク酸などの有機酸(16成分)を合わせて分析しています。分析にあたってはLC/MS/MS メソッドパッケージ【短鎖脂肪酸】に登録されているMRM トランジションおよび分析メソッドを用いました。

ダウンロード 

 

関連製品

LC/MS/MSメソッドパッケージ 短鎖脂肪酸

LC/MS/MSメソッドパッケージ 短鎖脂肪酸

一般的に短鎖脂肪酸は揮発性が高く,親水性が高いため,通常の逆相系でのLCMS分析は困難です。本メソッドパッケージでは3-ニトロフェニルヒドラジン(3-NPH)によって誘導体化した短鎖脂肪酸(C2 ~ C5)を対象として,MRM transitionの設定を行うことにより,中心代謝経路に関連した有機酸と合わせて一斉分析(22 成分)に対応しています。
また,本メソッドパッケージでは3-ニトロフェニルヒドラジンによる誘導体化ステップを含めた前処理プロトコールを取扱説明書に含んでおり,本手順にしたがって誘導体化~分析・解析までの作業を導入後すぐに行っていただけます。

LC/MS/MSメソッドパッケージ 短鎖脂肪酸 製品詳細

 

LCMS-8060NX

Top of This Page