醸造食品中のアミノ酸分析

アプリケーションニュース

HPLCを用いたアミノ酸の分析では,感度,選択性の向上のため,その検出方法が大きなポイントとなります。このため,プレあるいはポストカラム誘導体化検出法が種々考案されていますが,これらの中でo-フタルアルデヒド(以下OPAと略)を反応試薬に用いたポストカラム蛍光誘導体化法が検出感度,選択性,操作の簡便性などの点で優れており,食品をはじめ広い分野で用いられています。
ここでは,このOPA法を用いた島津アミノ酸分析システムによる醸造食品中のアミノ酸分析例をご紹介します。

ダウンロード 

 

関連製品

Nexera アミノ酸分析システム

Top of This Page