オートサンプラSIL-40シリーズのデュアルインジェクション機能による多角的データの一元管理と分析業務の効率化

テクニカルレポート

デュアルインジェクション機能はNexera™シリーズのユニークなオプション機能です。分析現場においては1つのサンプルに対し,複数成分の一斉分離ができない,あるいは全く異なる2種の化合物群の定量が必要などの理由で,異なる分析条件で2回分析が必要になるケースがあります。デュアルインジェクションシステムは,独立した2流路を1つのプラットフォームに搭載し,2種類の異なる条件のクロマトグラムを同時に採取して,得られた結果を1つのデータファイルに集約します。例えば微生物の代謝物である有機酸やアミノ酸を同時に測定する発酵モニタリングや,単一の条件では一斉分離が困難な不純物などの多成分一斉分析について,分析効率を大きく改善するだけでなく,2種類のクロマトグラムを1つのデータファイルに集約して,サンプルに対するトレーサビリティを確保します。また,データファイルだけでなく,メソッドファイル,バッチファイルもそれぞれ1つに集約されるため,データ管理を容易にしデータのインテグリティを確保します。ここでは,デュアルインジェクションシステムの使用法から実際の動作,データの一元管理までの流れと業務の効率化についてご紹介します。

ダウンロード 

 

関連製品

 

Nexeraシリーズ ラインナップについてのご紹介

Nexera X3/ XS/ XR/ lite

 
 

Nexeraシリーズ ラインナップの詳細情報 

Top of This Page