拡張性の高いGCによるガスや有機溶剤の分析

ガスクロマトグラフ(GC)の分離カラムとして現在は分離能の高いキャピラリカラムが主流ですが,公定法やガス分析,カラムが汚れやすい分析においてパックドカラムを使用されているユーザーも多くおられます。
島津 Nexis GC-2030は優れた拡張性をもち,キャピラリとパックド両方のカラムを搭載可能です。複数の分析ラインを1台に納めることで,ラボの省スペース化や生産性の向上に寄与します。
ここでは,Nexis GC-2030によるパックドカラムを用いたガス分析と有機溶剤分析をご紹介します。

TCDを用いたガス分析

吸着材系の充填剤により成分を分離する無機ガスや低級炭化水素の分析では,現在もパックドカラムが多く使われています。パックドカラムと熱伝導度型検出器(TCD)を用いたガス分析において,流量制御方式による試料導入時のショックの違いなどを検討しました。

 

FIDを用いた有機溶剤の分析

VOC分析や化成品分析の分析対象成分として一般的な有機溶剤の混合液を,パックドカラムと水素炎イオン化検出器(FID)を用いて分析しました。恒温分析と昇温分析による分離を確認しました。

 

関連製品

Nexis GC-2030

Nexis GC-2030

ガスクロマトグラフ

先進的なインターフェイスを採用し,分かりやすくクリアなタッチ操作が可能です。工具レスで開閉できる新型注入口,ワンタッチ接続が可能なカラムなどの最新技術で日々のメンテナンス作業が容易に行えます。
FIDなど,すべての検出器で世界最高レベルの感度を実現。次世代フローコントローラによる卓越した再現性が,データの信頼性を高めます。

Top of This Page