実験効率×マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 MultiNA(マルチナ)

実験効率×マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 MultiNA(マルチナ)

電気泳動をもっと自由に快適に

MultiNAで実験効率を改善できる3つのこと

質問①: もっと研究・業務に専念できる時間を確保したくありませんか?

試薬コストは約40円/サンプル

自動分析なので、他の作業に専念できます!

質問②: データ整理や資料作成を面倒だと思いませんか?

MultiNAなら過去データもレーンを横に並べて比較可能!

質問③: 不明瞭な結果に悩んだことはありませんか?

MultiNAなら推定サイズと濃度を自動算出、高い分離能(5bp差@100bp)、EtBrより10倍高感度

試薬キットを変えるだけでさまざまなアプリケーションに利用可能!

■ 試薬キット(1000分析)

試薬キットには電気泳動に必要な分離媒体、および解析に必要な内部標準試薬 を含みます 。

ゲノム編集での応用

変異部位を含む領域をPCRし,増幅産物を変性⇒再アニールすることでヘテロ二本鎖を形成させます。
MultiNAでヘテロ二本鎖を分離・検出することで,鎖長差だけでは判別困難な短い変異の有無を確認できます。

ゲノム編集での応用

詳細はこちら 

NGSでの応用

MultiNAには,NGSのライブラリチェックに必要なスメア解析ソフトウェアが付属しています。

スメア解析ソフトウェア

年別一覧

Top of This Page