島津 残留農薬分析ソリューションセミナー
~ 「知の拠点あいち」重点プロジェクト・残留農薬分析用データベース完成記念 ~
会期:2月21日(金)東京

食品中の残留農薬の分析には,迅速かつ高感度な多成分の一斉スクリーニング分析が求められており,GC-MSおよびLC-MSがその中心的な役割を担っています。
島津製作所は,迅速,高精度,操作性向上などをキーワードとした装置の開発と共に,前処理やデータ解析技術の向上,価値のある情報の提供などにより,残留農薬の分析をトータルサポートいたします。
本セミナーでは,公益財団法人科学技術交流財団「知の拠点」重点研究プロジェクト/食の安心・安全技術開発プロジェクトにおいて得られた成果をもとに作成したGC-MS残留農薬分析用データベース「Quick-DB」,アトグラムの分析感度を備えたLC-MS/MS,高速・多成分一斉分析に最適な「LCMS-8050」など,残留農薬分析における当社のソリューションを紹介いたします。
ぜひご参加いただけますようどうぞ宜しくお願いいたします。

(株)島津製作所 分析計測事業部

名古屋会場: 2014年2月19日(水)13:00~17:00 申込受付を終了しました。
  TKP名古屋栄カンファレンスセンター 7階 ホール7B
(愛知県名古屋市中区栄3-2-3 会場アクセス
東京会場: 2014年2月21日(金)13:00~17:00 定員のため申込受付を終了しました。
  フクラシア東京ステーション5階 会議室K
(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル 会場アクセス
   
お申込み: 上記の申込フォームを利用してお申込みください。 申込み受付後,参加受付票をお送りいたしますので,当日会場にご持参ください。
参 加 費: 無料
定員: 50名様 (両会場とも)

プログラム  12:30開場・受付開始

時間 セミナー内容 
 13:00
 ~13:10

 ご挨拶

 13:10
 ~14:00

 基調講演 食品に残留する農薬等のポジティブリスト制度と質量分析法
 「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト/食の安心・安全技術開発プロジェクトの研究成果について

「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト/食の安心・安全プロジェクトの成果をもとに開発されたGC-MSマルチ定量データベース法をはじめ,残留農薬分析に関する最近の話題,取り組みなどをご紹介いただきます。

 (愛知県衛生研究所 衛生化学部 医薬食品研究室 上野 英二様)

 14:00
 ~14:45

 GC-MSによる農薬分析ソリューション

迅速性と高感度を兼ね備えた当社GC-MSの装置紹介,ならびにGC-MS残留農薬用分析データベース「Quick-DB」を用いた残留農薬の分析事例など最新のアプリケーションを紹介いたします。

 (当社 技術者)

 14:45
 ~15:15

 コーヒーブレイク

 15:15
 ~16:00

 LC-MSによる農薬分析ソリューション

アトグラムの分析感度を備えたLC-MS/MS新製品,高速・多成分一斉分析に最適な「LCMS-8050」の装置および最新のアプリケーションを紹介いたします。

  (当社 技術者)

 16:00
 ~16:30

 信頼性の高い残留農薬分析のために
 ~農薬サロゲート標準溶液の話題を中心に~

 (林純薬工業(株))

 16:30
 ~17:00

 QuEChERS用いた残留農薬前処理手法ならびに最新の消耗品のご紹介

QuEChERSを用いた迅速かつ簡便な残留農薬前処理法ならびに最新の分析カラムやGC注入口ライナーなど関連消耗品を紹介いたします。

 ((株)島津ジーエルシー)

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
  島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 中村
     (TEL:03-3219-5609 / FAX:03-3219-5557)

年別一覧

Top of This Page