異物解析 オンラインワークショップ

このたび「異物解析 オンラインワークショップ」を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。電機・医薬品・食品・化学などの多くの分野において,さまざまな要因で混入してくる異物を発見・特定し,発生源を突き止めることはたいへん重要です。当社の所有する非破壊検査および分析のテクノロジーを利用すれば,外から見えない異物を見つけたり,異物が何であるかを解析することが可能となります。この機会に実機に触れ,技術を体験していただければ幸いです。

株式会社 島津製作所 関西支社

◆ 日 時
2021年5月25日(火) 10:00~11:50 / 13:10~15:00 / 15:20~17:10
2021年5月26日(水) 10:00~11:50 / 13:10~15:00 / 15:20~17:10
2021年5月27日(木) 10:00~11:50 / 13:10~15:00 / 15:20~17:10
◆ 参加費
無料
◆ 対象 どなたでもご参加いただけます!(関西支社主催ですが、関西以外の方でも大丈夫です)
◆ 装 置

下記の装置をご用意しています。

□エネルギー分散型蛍光X線分析装置 EDX-7000
□フーリエ変換赤外分光光度計 IRTracer-100
□フーリエ変換赤外分光光度計 IRAffinity-1S
□フーリエ変換赤外分光光度計 IRSpirit-A/T
□赤外顕微鏡 AIM-9000

※5月27日(木)は、EDX-7000およびIRSpirit-A/Tのみのご用意になります。
IRTracer-100/IRAffinity-1S/AIM-9000は5月27日(木)は使用できませんのでご注意ください。

◆ 使用するツール
Teams(もしくはZoom)
∗基本的には,島津営業もしくは代理店営業がお客様を訪問し,営業のPCを使って島津ラボと通信をする形を取らせていただきます。営業も訪問不可の場合は事前にご相談ください。
 

お申込みはこちら! 

装置のご紹介

粒子径分布測定装置 SALD-2300

エネルギー分散型蛍光X線分析装置
EDX-7000

EDX-7000は,非破壊で固体・粉体・液体などの元素分析ができる蛍光X線分析装置の特長を生かし,有害元素の受入検査や、医薬品・食品の異物分析、考古学試料や宝石の成分分析など,あらゆる分野の多種多様なアプリケーションで使われています。電子冷却方式の高性能半導体検出器を搭載し,ランニングコストの削減とメンテナンス性の向上を図るとともに,従来機を上回るスループット,分解能を実現しました。元素分析に有効な真空ユニットや連続分析に有効なターレットユニットなどのオプション機能も充実しています。

ダイナミック粒子画像解析システム iSpect DIA-10

フーリエ変換赤外分光光度計
IRSpirit

 

IRSpiritは,持ち運び可能なA3サイズ以下のコンパクトボディながら,自社付属品や市販付属品など多数の付属品を搭載可能なコンパクトFTIRです。上位モデルから引き継がれたテクノロジーを装置に組み込むことにより,クラス最高のSN比30,000:1を実現しました。また高湿度環境を考慮した設計により,厳しい環境下でも信頼して使用できる堅牢な装置です。さらにオプションの除湿器を搭載することにより,干渉計を保護するシリカゲルなどの乾燥材交換の手間を軽減することもできます。
 

フーリエ変換赤外分光光度計 IRAffinity-1S

フーリエ変換赤外分光光度計
IRAffinity-1S

 

高いSN比と分解能を兼ね備え,光学素子メンテナンス省力化や装置サイズのコンパクト化も実現。異物解析をサポートする約12,000点のライブラリや異物解析プログラムにくわえて,原料受け入れ検査や確認試験をサポートする確認試験プログラムも標準装備。赤外顕微鏡と組み合わせることにより,極微小サイズまで感度良くデータ取得が可能です。

乾式自動密度計アキュピックⅡ1340

フーリエ変換赤外分光光度計 IRTracer-100

 

IRTracer-100はSN比60,000:1の卓越した高感度,0.25cm-1 の高分解能,20スキャン/秒の高速測定を実現。アドバンストダイナミックアライメント機構や除湿器付き干渉計が,中級機以上の高い性能と信頼性を支えます。約12,000点のライブラリや異物解析プログラムを標準装備し,異物解析をサポート。また反応追跡のためのタイムコース測定やラピッドスキャン測定,近赤外/遠赤外測定にも対応可能。さらに赤外顕微鏡と組み合わせることにより,最小10µmまで感度良くデータ取得が可能な,様々なアプリケーションにも対応可能なFTIRです。

赤外顕微鏡 AIM-9000

赤外顕微鏡 AIM-9000

 

AIM-9000は,島津独自の広視野カメラで最大10×13mmでの観察が可能なだけでなく,可変デジタルズームにも対応した赤外顕微鏡です。さらに顕微カメラと位置情報を共有し,最小30×40µmの狭い視野で,約330倍のデジタルズームを実現しました。ボタン1つクリックするだけで,ソフトウェアが異物を自動認識します。測定したスペクトルにはサンプルの画像が自動で保存されます。異物解析プログラムがLabsolutions IRに標準搭載されています。

お申込みはこちら! 

お気軽にご参加いただけます!

お問い合わせ先

ご質問・キャンセルなどのお問い合わせは,下記までご連絡ください。
株式会社島津製作所 関西支社 ISRチーム 担当:藤本
TEL:06-6373-6556
MAIL:kansai_b_isr@group.shimadzu.co.jp

年別一覧

Top of This Page