IRによるプラスチック分析

プラスチック材料は様々な製品に使われており、今や私たちの生活にはなくてはならない便利な素材です。一方で、食品などへのプラスチック片の混入や、河川や海洋へのプラスチック投棄など、種々の問題を引き起こす主要因にもなっております。この解決策として、プラスチックの再利用にくわえて、環境中で分解する生分解性プラスチック開発が盛んにおこなわれております。ここでは、プラスチック分析の中から、赤外分光光度計を用いた異物分析事例、リサイクルプラスチックや生分解性プラスチックの分析事例にくわえて、近年注目を集めている環境中のマイクロプラスチック分析事例について、島津フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック分析システムPlastic Analyzerを用いた測定結果を交えて、ご紹介します。

株式会社 島津製作所

 
 

Webinar Q&A集

2021年1月21日に開催されましたWebinar「IRによるプラスチック分析」のQ&A集をご参照ください。
 
 
 

関連ページ情報

フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック分析システム Plastic Analyzer           

熱や紫外線により変性(劣化)したプラスチックの赤外スペクトルを収録した劣化ライブラリを搭載しています。本ライブラリにより、標準品のライブラリでは困難な、環境中での紫外線暴露により劣化したプラスチックや熱変化した異物・不良品などの未知試料分析に効果を発揮します。

 
Top of This Page